1. 歌詞検索UtaTen
  2. LUNKHEAD
  3. 金木犀歌詞
よみ:きんもくせい

「金木犀」の歌詞

金木犀 歌詞
LUNKHEAD
2004.6.23 リリース
作詞
小高芳太朗
作曲
小高芳太朗
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
衣替ころもがえにははやすぎた学生服がくせいふく自転車じてんしゃかごれた
別子べっしやまから見下みおろした燧灘ひうちなだおだやかだった おだやかだったよ
いまふっとおもした
あのころこのなかには
なんにもかった
なんにもかった
うしなうものはなんにもかった
あったのは期待きたい不安ふあんだけ

昼下ひるさがりの陽炎かげろうには金木犀きんもくせいれていた
ぼくにはすべてがつかめるようなつもりでいた
まもるものは
なんにもかった
なんにもかった
うしなうものはなんにもかった
うみこうにいしげてはとお世界せかい夢見ゆめみていたな
みしめていたつちことなどにもしなかった
あったのは期待きたい不安ふあんだけ

金木犀/LUNKHEADへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:金木犀 歌手:LUNKHEAD