1. 歌詞検索UtaTen
  2. ムック
  3. 雨のオーケストラ歌詞
よみ:あめのおーけすとら

「雨のオーケストラ」の歌詞

ムック
2007.6.6 リリース
作詞
達瑯
作曲
YUKKE
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
真白まっしろなノートペンをはしらせきみとのおもはじめる
まどそとはあののように昨日きのうからまないあめ
いつまでもかえまどたた

ポツリ ポツリ ひとつ ふたつ
しずかにしたまどそと
天気予報てんきよほうどおりのあめ きみかさって出掛でかけたかな?

「さよなら今日きょう」を幾重いくえかさねる
そら見上みあげればひかりつぶ
ありふれた日常にちじょう 残響ざんきょうのオーケストラ あめかなでた

罪人つみびとまちなかまよわずにきみつけられる
葉桜はざくららす初夏しょかあめきみるのをってるぼく
れてしぼんだネコ きみかさねて

紫陽花あじさいみたいだね
あざやかに街並まちなみかさ
真赤まっかなビニールがさ きみ横顔よこがお あかめた

木陰こかげ鳥達とりたち そらちわびてる
生憎僕あいにくぼくはこのあめいやじゃない
かさひとつたたんでちいさなぼくかさきみまねいて

りんとした空気くうきせきった 指先ゆびさきかる距離きょり
今日きょうきみかみげ、昨日きのうよりも大人おとなえた
ありふれた日常にちじょう まってゆけ

あめつくえにペンをおいた。そらはいつしかながはじめた
ぼくきみについていたうそ、きっときみってたよね。はじめから。

ぼくらの失敗しっぱいあめながれ、やがて僕達ぼくたちながした
きみえがしあわせのぼく姿すがた見当みあたらない
そのうつっていたぼく
罪人つみびとまちなかまよわずにきみつけられた
葉桜はざくららす初夏しょかあめ、いないきみさがしてるぼく
かぜかおりきみうつ

雨のオーケストラ/ムックへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:雨のオーケストラ 歌手:ムック