1. 歌詞検索UtaTen
  2. Galileo Galilei
  3. 花の狼歌詞
よみ:はなのおおかみ

「花の狼」の歌詞

花の狼 歌詞
Galileo Galilei
2012.1.25 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
Galileo Galilei
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ぼくてつつめとのこぎりみたいなきばってる
頑丈がんじょう毛皮けがわはどんなものきずつけられない
はなそだ
たねべる
いぬきらいだ
ぼくにているから

ぼくの岩場いわばきみまよいこんできたあの
しばらくのあいだのぞいていたんだ
しまったづかれた
こっちにってきた
うなってみたのに
ぜんぜんこわがらなくて

ほそくてしろぼくくびうしろをかいた
かみなりにうたれたみたいに
きみきになってしまったみたい
はじめての気持きもちだったよ

そのになればすぐ

世界せかい半分はんぶんぼくのものになるはずさ
そうしたいほど特別とくべつ気持きもちなんだ
世界せかいのもう半分はんぶんきみだけにあげよう
心臓しんぞうまるほどよろこんでくれるんだろう

それから毎日君まいにちきみぼくのところにあそびにきた
一緒いっしょはなそだててあきになったらたねべた
季節きせつが3まわるころ
神様かみさまぼくはなったきみころした

ほそくてしろがもうぼくれてはくれない
大好だいすきなきみつちしたねむ
神様かみさまさがして
あたまからべてやるぞ

ついにそのになってしまって

世界せかいのすべてがぼくのものになったとしても
きみだけがいない
どこをさがしてもいないくて
向日葵ひまわりたね岩場いわばにたくさんいたよ
つちしたうときに
よろこんでくれるように

花の狼/Galileo Galileiへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:花の狼 歌手:Galileo Galilei