1. 歌詞検索UtaTen
  2. GRAPEVINE
  3. 作家の顛末歌詞
よみ:さっかのてんまつ

「作家の顛末」の歌詞

作家の顛末 歌詞
GRAPEVINE
2002.11.17 リリース
作詞
田中和将
作曲
田中和将
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
取留とりとめのないことばかりいていました
あとだれわらってくれるとおもっていました

まだわたしすなんでらしていました
なにいてかざるべきかわかっていました

空色染そらいろそまって いま わたしれたんです
時間じかんまって いま わたしにくれたんです

なぐった つまらぬメモはもうてました
ここにはまたあらたないのち宿やどるのでしょうか

稀代きだいうで
奇才きさいふで
理解りかいうえ
実際じっさいゆめ
ああゆめ

空色染そらいろそまって いま わたしれたんです
時間じかんまって いま わたしにくれたんです
わかっていました

作家の顛末/GRAPEVINEへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:作家の顛末 歌手:GRAPEVINE