1. 歌詞検索UtaTen
  2. 田中和将の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

田中和将の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

111 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

Weight

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:胸のつかえを吐き出しても 優しさにかわらないが 街はいつの間にか やがて来るはずの季節の 準備に浮足立つ

リヴァイアサン

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:「いまだかつて嫌いな人間には会ったことがありません」 いつか無理がバレてしまった日にゃ 全て敵に回るのさ 憂き世リヴァイアサン

God only knows

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将 ..

歌詞:上っ面の表現 走り出す暴言と ご立派な正論と 非リアル そう

RAKUEN

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:子供達の願いはどこか遠くの歌になった 人々は天に怯え壁を積み上げて 叶ったのは 叶ったのはどの夢

居眠り

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:思い知るのは人波の中 ありとあらゆる脆さ 笑う子どもと妻の顔を見ていた けれど

さみだれ

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:雨あがって五月雨もここまでと窓を開け 繰り返して何度も繰り返して朝を待って ただこうやってただこうやって あなたのそばに立って

最期にして至上の時

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将

歌詞:冷えこむ晩に月が出れば きっとそれがあなたと 池の水面 小石投げた ゆらり揺れて爆ぜた

アルファビル

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:見なよ兄弟 いかに崩壊を来すのかを 近い将来 きみが恋をする頃 一体

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将 ..

歌詞:ここは想い描いた未来 ネオもアキラもマックスもいない 時は 20XX年 亜空間のクルージング

UNOMI

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:多くは持てないけど 幸い高価な物もない 今度の町の川は美しいけど きみは居ない

スラップスティック

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将

歌詞:いつものテーブル 言葉は無く 胃が痛んでた 紙のカップ かき混ぜるスプーン

報道

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将

歌詞:今朝の報道で 幾つか俺の行動は決まっていた 借りるほど手は必要ないね 荒れる輿論を一蹴

ぬばたま

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将

歌詞:愛がすべてなんて言われてはかなわない 正義面の裏の裏 丸見えだって 逃避すべきそんな二人は大海原 射干玉の夜を行こう

josh

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将

歌詞:お腹に蝶が舞って 約束をしましょう 高飛びの計画書 指で描いて

ミランダ (Miranda warning)

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:ミランダ おまえはスター ミランダ おまえはスター 慣れないのは身の丈に釣り合わぬ名前だった

Sing

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: GRAPEVINE

歌詞:そう 笑いあうことを きっとわかりあうことを 空はうたい

超える

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: GRAPEVINE

歌詞:うすくちの恋 こうやって夏が終わる 先へ急ぐのが精一杯 だけど降ってきた偶然

光について

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:少しはこの場所に慣れた 余計なものまで 手に入れた イメージの違いに 気付かなかった

すべてのありふれた光

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞: 通り雨が過ぎ去ったら ほんの少し散歩をしないか 心をどこに仕舞い込んで

Heavenly

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: GRAPEVINE

歌詞:笑わないで 一度だけ言う 笑わせないで きみを愛している

死番虫

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:嘘でしょう嘘でしょう嘘でしょう SOSもストレスも無効でしょう このボトルが空く頃には 密やかに姿を消すわ

流転

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: GRAPEVINE

歌詞:感受性がわれわれの財産 ご時世それもどうかと思うが この際星空まで 泳いで行けるだろうか

Esq.

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:ここまでか 見損なうな 漢ならこの身果てるまで 味わうんだ

片側一車線の夢

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:俺は路上で でなけりゃ異郷で で最後は人知れずくたばるってはずだった 誰が望んで

CORE

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:ここは七色 ここは七色になる ほらもう生まれよう ほら後がつかえてるんだ

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 田中和将

歌詞:薄皮のように斜交い模様に 剥いで繋いで 押し花のように染み込ませる 全ての頁に

女たち

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: GRAPEVINE

歌詞:彼女言った「恨んじゃいない」って それってもしかして 彼女言ったんだ「あながち嘘じゃない」 あながちってなんだね

ランチェロ'58

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:太陽は真上 さあもう滑走路へ そんな真っ白な夢見た 感情の投影

FLY

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: GRAPEVINE

歌詞:宇宙船値札付き なら甲州街道で試したい 可能性などべつに あろうが無かろうがかまわない

君を待つ間

GRAPEVINE

作詞: 田中和将

作曲: 亀井亨

歌詞:会いたくないまま 季節は変わり 毎度の会話も 軒を連ねた Ah