1. 歌詞検索UtaTen
  2. 藤巻亮太
  3. 四季追い歌歌詞
よみ:しきおいうた

「四季追い歌」の歌詞

藤巻亮太
2012.10.17 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
朝露あさつゆ 一粒分ひとつぶぶん未来みらいひかり
のどおくかわきをうるおすにはりないけど
おはようってえるだれかをひとさが
ただいまってえるだれかをあいするだろう
はなころそらわたころ
出会であえたらいいね

夏草なつくさいかけて あつめて
ゆめがないならえばいい
マフラーにかおせて さくらをおくって
あいがなんだかからなくても

まどさんわすれられたふる五円玉ごえんだま
ぼくらのふるいごえんみたいにかなしくわらってる
をなくしたゆめそらはな
やりをなくしたこいつちかえそう
果実かじつがつくまで あめがるまで
太陽たいようのぼっていくんだ

朝顔あさがおたねいて ススキをらして
わりのさきでまたはじまる

くもんかけるもんか
ゆめならばここにあるだろう
春夏はるなつ秋冬あきふゆを もう二度にど出会であえぬいま

夏草なつくさいかけて あつめて
明日あしたがなくともいまがあるだろう
マフラーにかぜげて さくらわら
あいとはなにわかからなくても
もう一度いちど

四季追い歌/藤巻亮太へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:四季追い歌 歌手:藤巻亮太