1. 歌詞検索UtaTen
  2. 越前リョーマ(皆川純子)
  3. ICHIGAN歌詞
よみ:いちがん

「ICHIGAN」の歌詞

越前リョーマ(皆川純子)
2004.7.7 リリース
作詞
立河吉彦
作曲
藤田宜久
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
どれくらいのとき
ぼくたちははしけて
どれくらいの明日あした
ぼくたちはえがいただろう

はじまりはたよりないほど
なにもない場所ばしょからだった
いま かえればうしろに
ながみちつづいている

一人一人ひとりひとりそれぞれの おもいをあつめて
ひとひとかさねてく
それがおおきなちから
いま ぼくらは ICHIGAN になる

どれくらいの季節きせつ
ぼくたちをとおけて
どれくらいのこころ
ぼくたちはわしただろう

いつだってがむしゃらだった
手探てさぐりの毎日まいにちだった
だれかにささえられていた
だれかをささえていられた

ひとひと大切たいせつおもいをあつめて
一人一人叶ひとりひとりかなえてく
それがおおきなちから
いま ぼくらは ICHIGAN になる

一人一人ひとりひとりそれぞれの おもいをあつめて
ひとひとかさねてく
それがおおきなちから
ひとひと大切たいせつおもいをあつめて
一人一人叶ひとりひとりかなえてく
それがおおきなちから
いま ぼくらは ICHIGAN になる

ICHIGAN/越前リョーマ(皆川純子)へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ICHIGAN 歌手:越前リョーマ(皆川純子)