1. 歌詞検索UtaTen
  2. 幸せのかけら歌詞
よみ:しあわせのかけら

「幸せのかけら」の歌詞

2010.7.28 リリース
作詞
秋野温
作曲
秋野温
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
七色なないろむねなか えがいてみたけれど
空色そらいろの パレットは 今日きょうくもぞら

わかっていたつもりがいま こころのどこか隙間すきまになった
ぼくにとってそれはなにか? どんどんむずかしくなっちゃった

しあわせになりたい
かたちねがごとに ためいき色混いろまぜて
きっとだれもがみな
なみだかくしながら 日々探ひびさがしているのかな

大人おとなびた かおすれば とどがしてた

わらっていたつもりがいま 何故なぜだかきゅうさみしくなった
きみにとってそれはなにか? ぐんぐんちかづいているけれど

しあわせのかけら
大事だいじひろあつめても えてしまうものばかり
きっとだれもがみな
れることできないものに ばしているのかな

しあわせになりたい きっとだれもが

しあわせのかけら
大事だいじひろあつめても えてしまうものばかり
きっとだれもがみな
れることできないものに ばしているのかな

しあわせになりたい きっとだれもがみな

幸せのかけら/鶴へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:幸せのかけら 歌手:鶴