1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鶴の歌詞一覧

鶴の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年2月27日

141 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ソウルメイト今夜

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:胸の奥で泣いているように燻る魂 笑っていたい泣き出したい 同じだぜ兄弟 一瞬で溶け合っちゃうミュージックで

夏の魔物(ゲゲゲの鬼太郎(第5期) ED)

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:夏の悪戯な魔物 見えない力で僕の背中を押す 君の悪戯な笑顔 不思議な力で僕は吸い込まれていく

燃えるような恋じゃないけど(クロスゲーム ED)

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:いつの時もどんな時も僕を照らす光は君 君と僕との間 見えない時間が 流れていても仕方ない

手のなる方へ

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:まるで漫画みたいな どこでも行ける扉 ノブに手をかけたまま ためらっている 笑うことばかりじゃ

高性能

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:俺の車は高性能 俺の車は高性能 俺の車は高性能 俺の車は高性能

バイバイじゃあね

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:泣いてなんかいないぜ 目に埃が入っただけだ だってなんか辛いぜ 今日がとても楽し過ぎたから あんなにあった時間達は

恋のゴング

作詞:鶴

作曲:鶴

歌詞:恋のゴングが愛のリングに鳴り響く 蝶のように舞う君はまるでヘビー級ハードパンチャー こらえきれない 夜よ涙を忘れさせて

おやすみグンナイ☆

作詞:鶴

作曲:鶴

歌詞:今まで言えずにいたけど この想いをあの飛行機雲に乗せて なんて素敵な日曜日 これから 楽しい一日の始まりだ

What's Up Myself

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:アラームの音で今日も一日が始まる カーテンの隙間からおはよう世界 冷たい空気を胸いっぱいに吸い込んで 太陽のシャワーを両手いっぱいに

線香花火

作詞:鶴

作曲:笹井快樹

歌詞:欲張って買った花火セット 振り回す夜のネオンサイン 虫さされの数競い合って 笑った 何故か切なくなるから

ハイウェイ マイウェイ

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:真夜中のバイパスって 高速道路みたいね 先が見えない道って 僕の人生みたいね オレンジの灯りが

Waiting Mother

作詞:神田雄一朗

作曲:神田雄一朗

歌詞:なぜなんだ! why? why? why? why?

マジカルロックミュージック

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:チカチカと目がくらむような 光るハイウェイをすり抜けて シュワっと夜空に飛び出せば まるでウルトラファンタスティック

OK

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:オーイェー 本当の事を教えてあげるからおいで オーイェー ロックンロールはそこらに転がってるぜ 高いとこから低いところへ流れる川のように

おいでおいで

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:おいで こっちおいで 手が触れちゃうくらい どんなに来たって 近過ぎることはない

青春のロックスターと女の子

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:揺れる長い髪を振り乱す テレビの中の憧れ いくつになってもいくつになっても その血を両手にさ 流したら少しは近づけるかな

タイムマシン

作詞:水野晋太郎

作曲:水野晋太郎

歌詞:見つからなかった捜し物は 気付いたらきっと風の中、、、 夕暮れになってレモン色した空が いつもとどっか違ったようだったんだ

冬の魔物

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:君を連れて行こう 白の世界へ ラじオからBGMは季節外れの ride on

ペインキラー

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:今日は朝から雨が酷いな 靴の先が濡れるのは嫌だな 改札の波で泳ぐ頃には 占いすら忘れてる どこにも波風立てないように

36.1℃

作詞:笠井“どん”快樹

作曲:笠井“どん”快樹

歌詞:理解したいと思いながら 分かって欲しいと願ってる 君と僕の気持ちがいつでも ちょうど釣り合うわけじゃない

きっとそう

作詞:笠井“どん”快樹

作曲:笠井“どん”快樹

歌詞:どんなに叫んでも届かない声も 言葉にしなくても伝わる想いもあって 朝が来るたびにおはようを 月が昇ればおやすみ

アナログなセッション

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:過去も未来も選べるような まるで時代はタイムマシン 好きも嫌いもどうぞご自由に 淋しくなる前に無関心

結局そういうことでした

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:今日もそれっぽい事をさ 地雷を踏まないようにさ 四角いとこからそろそろはみ出したい感情 顔も見えない人達が被害にあったみたいにさ

バタフライ

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:いま目の前で吹いた風が 地球の裏で嵐になる 大袈裟だねと笑う君の 笑顔だって誰かの光になる

あしたのおてんき

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:心に雨 上手くいかない毎日にちょっと疲れては つい自分不信になっていないかい あなたにはあなたにしかない 他の誰にも真似はできないことが

Keep On Music

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:Just keep on going Keep

フリーウェイ

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:子供みたいに泣いていたのが まるで嘘のような空の下 歩幅を合わせて歩いていく 水たまりをよけながら

愛の旅路

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:向かい合わせの鏡じゃダメさ 俺が倒れたら君も倒れちまうから 凸凹だから優しくなれた 失う事がこれほど怖いものだとは

乾杯

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:カンパイ 今夜もどこかで騒いでいるんだろう カンパイ あんたはきっと笑っているんだろう カンパイ

公約数

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:気付かれないようにズレていく時計の針だ 君と僕の景色は どんどん変わっていった 間違い探しばかり やめにしよう

U.F.O

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:それはまるで 生き物みたいに 形を変えて 宙を舞って ジグザグ飛んで

足跡

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:誰かの足跡なぞってみたけど 行きたいとこには なかなか着かない 靴底はもう抜けかかってる 裸足で歩いてみるか

ラビゾバ

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:何故失くしてから気が付くの? バカな男と女だね 何故安心していられたの? 残念女と男だね 夢ばかり見過ぎて

本当は泣き虫

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:輝いてるよ 愛を叫ぶよ 家に帰れば本当は泣き虫 バカ見てるけど 夢も見てるよ

夜を越えて(映画「アフロ田中」主題歌)

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:涙で明日が見えなくなる事があったっていいだろう 何にもない すべてが悲しくなる夜があったっていいだろう 愛はどこかな

ニーハオ イーカオ

作詞:笠井快樹

作曲:笠井快樹

歌詞:心ときめく異国の香り 夢見心地のチャイナタウン 赤いドレスのそのスリットに 釘付けになる幸せよ

弾丸ライナー

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:たまらない止まらない眠れない 一目会った時のあの衝撃 胸にバッチリハートの稲光 闇を切り裂く心の悲鳴

ムーンライト

作詞:鶴

作曲:鶴

歌詞:僕のとなり 君にふわり 月のひかり ムーンライト

熱量

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:まるでこれが健全な 世の中と言うような 見出しだけに踊らされた やせ細った時代さ 食べたいだけ食べればいい

引力

作詞:笠井快樹

作曲:鶴

歌詞:全てのものは引きつけ合って 互いにうまい具合にバランスとって距離を保って 太陽や星達もそうでしょう? 僕だって例外じゃない 君と出会ってしまうまでは

門出

作詞:秋野温・笠井快樹

作曲:秋野温・笠井快樹

歌詞:別れは突然やってきてまた消えて 僕の大好きな人みんな連れ去ってしまうよ 明日からもう一人 強く生きていく為に 君の後ろ姿をまぶたの裏に焼き付けよう

サンキューベイベー

作詞:鶴

作曲:秋野温

歌詞:ありがとうサンキューベイベー いつまでも言えない言葉 ボロ自転車海へ さぁ君を乗せて 僕には最高のレディー

サヨナラ

作詞:鶴

作曲:鶴

歌詞:いつかまた出会う日までさよなら 雨上がりの虹に願うよ 大切な君の笑顔が いつまでも絶えないように

晴れのち晴れ

作詞:鶴

作曲:鶴

歌詞:君はまたため息ばかりで 笑顔も少し元気がないね こんな日は君を連れ出し 川沿いの道を一緒に歩こう

青い羽

作詞:鶴

作曲:鶴

歌詞:なにげなく開けた引出しから 色褪せた写真が出てきたんだ その中の僕は笑っていたんだ それは羨ましくなるくらい

鶴 結成十五周年記念「ALL TIME CLASSICS~47都道府県大会~大忘年会2018-ちょっと贅沢なクリスマスパーティー」LIVE@Heaven's Rock さいたま新都心VJ-3

歌詞公開をリクエスト!

beautiful days

作詞:笠井快樹

作曲:笠井快樹

歌詞:なんやかんやあれこれ 夢中で追いかけてきたな 形に残る物は そんなに多くはないけど

僕なりの愛を

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:まるで出来の悪いドラマみたいな 言葉しか出てこないのがイヤだ でもさ 少し無理をして着飾ってみても 肩のあたりがなんだか窮屈で

アメニモマケズ

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:悩んだって何も始まらないって 分かってはいるんだけどな 空を仰いで 大きく息を吸って 地球からすりゃ宇宙からすりゃ

ソウル最前線

作詞:秋野温

作曲:秋野温

歌詞:笑って欲しけりゃ笑ってやれ 褒めて欲しけりゃ讃えてやれ あげたきゃ受け止めて 追われたきゃ追いかけて 初めて流れる

鶴(つる)は、日本の3人組バンド。 wikipedia