1. 歌詞検索UtaTen
  2. カラーボトル
  3. 化学工場歌詞

2008.3.12 リリース

「化学工場」の歌詞 カラーボトル

化学工場 歌詞
作詞
竹森マサユキ
作曲
カラーボトル
iTunesで購入
曲名
化学工場
アルバム
ぐっと・ミュージック
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ガスタンクのそらえん円重えんかさなった太陽たいよう
オナモミのえてる バラせんおく 化学工場かがくこうじょう
銭湯せんとうかいがわ あないたフェンスくぐりけて
あのおくのほらあな ヘイタイのおけがるんだってよ

しのんで くらがりで おにいちゃんって
見付みつかって おこられて もどされて

あのとき ぼくていたものは
あのとき ぼくていたものは
いまはない

病院びょういんへのバスに かたっぽわすれてきた長靴ながぐつ
母親ははおやれられ かえみちってもらったアイスクリーム
公団こうだんくさむら 何回なんかいくしてしまったカラーボール
ケンカしてはいじけ 砂場すなばかくしてそのままのロボット

れないのにまたがって おにいちゃんって
くやしくてきながら れるようになっていた

あのとき ぼくていたものは
あのとき ぼくていたものは
いまこころこころおく

かがくこうじょう/からーぼとる

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:化学工場 歌手:カラーボトル

リンクコード:

ブログ用リンク:

カラーボトルのニュース