1. 歌詞検索UtaTen
  2. りさボルト&Hys
  3. ロッキンジャパン歌詞
よみ:ろっきんじゃぱん

「ロッキンジャパン」の歌詞

ロッキンジャパン 歌詞
りさボルト&Hys
2016.12.7 リリース
作詞
りさボルト
作曲
りさボルト
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ゆめおおきさはなんはかるんだろう」 目指めざ会場かいじょうおおきさなのかな
14さいころつけたゆめいまぼくこころふるたせてるんだ

「たくさんのひとたちにとどけ」 そんな純粋じゅんすい気持きもちはどれくらいだ
再生さいせい回数かいすう何万なんまんかいもいくのもすごいことだけど
「それだけじゃねーよな」っていつもおもっている

会場かいじょうめることよりもまえの あなたのこころめたくてうた
それがたとえ ひとり だって何万なんまんかいって数字すうじより大切たいせつな1だ
きしめたいのはその1人ひとり

友達ともだちをつくるためにバンドやってるんじゃない」
いつだってひとり ひねくれていたが
あのっぱらってこえをかけてきたアイツと いまでは大切たいせつ友達ともだちになって
「おまえらをあのステージでたいんだよな」って
出会であったときおなじようにアイツはっぱらってった
それでももう ぼくらには本気ほんきだってわかる
何本なんぼんかの "最後さいごのたばこ" にをつける

今夜こんやからつづいていくストーリーが ロッキンジャパンのステージにつづ
ぼくあたらしいゆめ あたらしい約束やくそく おおきさなんかはどうでもかった

はじめてロッキンジャパンにくのはときだってめた
まえがはじめてくのも絶対ぜったい ぼくらがとき
はじめてロッキンジャパンにくのはときだってめた
タイムテーブルのイントッシュに一番いちばん最初さいしょにマルつけろよ

いまたしかに無名むめいだけどさ まだ出会であえてないだけで
ぼくらの音楽おんがく必要ひつようひと絶対ぜったいにまだいるとおもうんだ
そのひとたちと出会であっていったさきにそのステージがあるなら
そこにいてくれるひと ひとりひとりのこころめられるバンドになるから
そのとき最前列さいぜんれつにいてくれよな

はじめてロッキンジャパンにくのはときだってめた
まえがはじめてくのも絶対ぜったい ぼくらがとき
はじめてロッキンジャパンにくのはときだってめた
タイムテーブルのイントッシュに一番いちばん最初さいしょにマルつけろ

つぎ やっぱりモルタル2かいかえってきて
それがまだゆめだったころってくれてるみんなと
「やっぱりぼくらのしんじたおと間違まちがってなかったな」
うたってわらいあえたなら つぎゆめつけようぜ

そのころはさ かねにもこまってない予定よていだからさ
ビールくらいはおごるわ

ロッキンジャパン/りさボルト&Hysへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ロッキンジャパン 歌手:りさボルト&Hys