1. 歌詞検索UtaTen
  2. 走裕介
  3. 春待ち草歌詞
よみ:はるまちぐさ

「春待ち草」の歌詞

走裕介
2018.10.31 リリース
作詞
石原信一
作曲
田尾将実
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あれからどうして いたのかと
けばおまえの まつれる
淡雪あわゆきる ガラス
ときがやさしく むかしもど
はるぐさが あの部屋へや
うすむらさきに ひら季節ときだね

しあわせならば それでいい
いつもわがまま かせてばかり
わすれたことなど なかったと
くちせない 二年にねん月日つきひ
はるぐさふゆ
かぜにそよいで だれはな

素顔すがおのままでも きれいだよ
かみもほのかに おまえのにお
ゆめより大事だいじあいひとつ
むねきたい はなしはしない
はるぐさの ふたりなら
きたてにも いてみないか

春待ち草/走裕介へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春待ち草 歌手:走裕介

最終獲得!待ち遠しいpt

250pt

歌詞公開までにみんながどれだけ楽しみにしてくれたか発表!