1. 歌詞検索UtaTen
  2. GRAPEVINE
  3. 最期にして至上の時歌詞
よみ:さいごにしてしじょうのとき

「最期にして至上の時」の歌詞

GRAPEVINE
2021.5.26 リリース
作詞
田中和将
作曲
田中和将
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
えこむばんつきれば
きっとそれがあなたと
いけ水面みなも 小石こいしげた
ゆらりれてぜた

つき次第しだいほそけて
一生いっしょうげてみせた
夜明よあけのまえにもうおきなさい
ことりて

かお未練みれん
この無常むじょう この背負せお
五臓ごぞう此岸しがん
いばら路頭ろとう
いのりのこう

夜空よぞらあおぐこともわす
宿やどらぬ意思いしのまま
ひねもすぎょうむしばまれて
ふとかたとせば

あなたがいてしあわせだった

最期さいごにして至上しじょうとき
不浄ふじょう ながれてゆけ
五臓ごぞうむね穿うが
いのりのこう
めぐりえると

最期にして至上の時/GRAPEVINEへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:最期にして至上の時 歌手:GRAPEVINE