1. 歌詞検索UtaTen
  2. Goose house
  3. 冬のエピローグ歌詞
よみ:ふゆのえぴろーぐ

「冬のエピローグ」の歌詞 アニメ 四月は君の嘘 オープニングテーマ

Goose house
2014.11.19 リリース
作詞
Goose house
作曲
Goose house
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あわゆきのように ふわりとちてく
なみだおくに きみとていたはずの永遠えいえん
度目どめふゆとおざかっても むねがすおも
りつもるだけのエピローグ

つめたいまどむっつのはな しずけさにえるゆき
ずっとつづくとおもってた あのやさしい日々ひびつづきをせてくれる

携帯けいたい着信ちゃくしん だれといても かぶのはきみのかお
きらいになろうと ダメなところをそうとしても
いとしい記憶きおくかくせない

あわゆきのように ふわりとちてく
なみだおくに きみとていたはずの永遠えいえん
度目どめふゆとおざかっても むねがすおも
りつもるだけのエピローグ

川沿かわぞいのみち をつなぎ ふたりしてうたってあるいた
きみがきだったメロディ いまならかずに きっとくちずさめるよ

くしゃみや仕草しぐさまで ていたよね 臆病おくびょうだったあい
あのふゆから みかけのページ しろしおり
てたらもうえないがして

きしめられたよる かさねた約束やくそく わらいた日々ひび
言葉ことばよりもたしかな記憶きおく
きみがえないんだ きになるのは一瞬いっしゅんだったのに
色褪いろあせてもなおこいしくて

どうかわらっていて わすれないでいて
ふゆそらぬぐえない気持きもちをあずけて
こんなにもだれかをあいせたことをしあわせにおもえる
わりのいらないエピローグ

あわゆきのように ふわりとちてく
なみだおくに きみとていたはずの永遠えいえん
度目どめふゆとおざかっても むねがすおも
りつもるだけのエピローグ

冬のエピローグ/Goose houseへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:冬のエピローグ 歌手:Goose house