桜月 歌詞 櫻坂46 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 櫻坂46
  3. 桜月歌詞
先行
よみ:さくらづき

桜月 歌詞

櫻坂46

2023.2.15 リリース
作詞
秋元康
作曲
ナスカ
編曲
the Third
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
こんなにだれかをきになったこと いままでなかった そんながするんだ
自分じぶんきずつくことより きみきずつけたくないって おもんでしまった
最終さいしゅうのバスをってるあいだ そのタイミングは何度なんどあっただろう
さむさもかんじないくらい ぼくたちはってたのに・・・
"もしも" なんてなん意味いみもない

ああ 卒業式そつぎょうしきまであと何日なんにち? そのからなにわるってうんだろう?
ただかよしょわるだけで あたらしい友達ともだちえるだけで
まだ 大切たいせつなにかを のこしたまま 大人おとなばれてしまう

きみおもさくら かぜかれて こころなかがる
せめてもうすこ満開まんかいでいてくれたなら・・・
どんなきでいても 季節きせつぎて あっとくもの
あの桜月さくらづき
トュルルル トュル トュルルル トュル ルルル
トュルルル トュル トュルルル トュル ルルル

ぼくいまここでゆめかたるのは そう ほか言葉ことば くちしそうで・・・
あいとは身勝手みがってなボール げれば自分じぶんだけはらくになる そんなことできない
東京とうきょう旅立たびだ決意けついいて きみのその背中せなかしたくなった
いつの笑顔えがおうそ あれでよかったとおもえるだろう 甘酸あまずっぱい青春せいしゅん

なに カッコつけてんだろうって もう一人ひとり自分じぶんあきれてるけど
せめて そうきみおもしたとき そんなうつくしいこいだったと
ひとりよがりでもいいから 見送みおくったぼくめてあげたい

ずっとつづけるはながないように こうしていられないのなら
どうやってキレイにればいいかかんがえたんだ
そらがって ただひらひらと 何度なんどおもせるように
名残惜なごりおしく ゆっくりちて

そっとづかれないように ぼくまぶたじながら
きみのそのこえ みみかたむ記憶きおくなか のこそうとした

くら夜空よぞらさき たしかにいま満開まんかいさくらえる
あのはなぼく大好だいすきだったひと
大人おとなになって ゆめ理想りそうおもうようにならなくなっても
あんなにうつくしいかたができたらな

きみおもさくら かぜかれて こころなかがる
せめてもうすこ満開まんかいでいてくれたなら・・・
どんなきでいても 季節きせつぎて あっとくもの
くな 桜月さくらづき
トュルルル トュル トュルルル トュル ルルル
トュルルル トュル トュルルル トュル ルルル

桜月 / 櫻坂46 の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:桜月 歌手:櫻坂46

最終獲得!待ち遠しいpt

5160pt

歌詞公開までにみんながどれだけ楽しみにしてくれたか発表!