1. 歌詞検索UtaTen
  2. 川崎修二
  3. 北の酒歌詞
よみ:きたのざけ

「北の酒」の歌詞

北の酒 歌詞
川崎修二
2018.10.24 リリース
作詞
たきのえいじ
作曲
山本陣
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ふね汽笛きてきみるよる
故郷こきょうしのさけがある
のぞみはとおみちなかば
まだまだもどれない かえれない
ゆめをおちょこに かべては
ひとりつぎきたざけ

かぜ背中せなかみるよる
おふくろしたさけがある
ほこりまみれの ラジオから
こえる昭和しょうわ流行歌はやりうた
いくつかさねた 親不孝おやふこう
ひとりわびてる きたざけ

ひとなさけが みるよる
親父おやじしのさけがある
家族かぞくためはたらいて
ひとりでんでた カンビール
おもすんだ あのころ
そらあおいで きたざけ

北の酒/川崎修二へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:北の酒 歌手:川崎修二