氷見の雪 歌詞 原田悠里 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 原田悠里
  3. 氷見の雪歌詞
よみ:ひみのゆき

氷見の雪 歌詞

原田悠里

2006.9.6 リリース
作詞
つじ伸一
作曲
岸本健介
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
能登のとからなみだいかけて
氷見ひみみなとゆきになる
あい名残なごりは このなか
大事だいじつつんで いるけれど
さむすぎますよ おんなひとりは
一緒いっしょについて きたかった

いまではいさ えなくて
氷見ひみはひっそり しろいろ
こいをつけ やしておいて
おとこのひとって 無情つみですね
にたいほどの こんなせつなさ
あのひとって いるでしょうか

このうみ吹雪ふぶけば あのひとは
氷見ひみもどって るかしら
それが幻想ゆめだと わかっていても
わすれはできない おんなです
一筋ひとすじまゆつよいたら
明日あしたはるが くるでしょうか

氷見の雪 / 原田悠里 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/06/17 05:23

能登から涙が追いかけて氷見の港で雪になる・・氷見の港は聞き慣れない港であるが能登半島の南端の港である・・愛の名残はこの手の内に包んでいるが、女一人は寒すぎる・・今は漁火見えなくて氷見は白一色、女の気持ちを凍えさす・・恋の炎を燃えさせておいて男の人って薄情ですね・・海が吹雪けばあの人は氷見に戻ってくるかしら、それが幻想と分かっていても、忘れは出来ない女です、一筋眉を強く引いたら明日は春が来るかしら・・儚くも愛しい女性である・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:氷見の雪 歌手:原田悠里