1. 歌詞検索UtaTen
  2. 斉藤和義
  3. 蝉歌詞
よみ:せみ

「蝉」の歌詞

斉藤和義
1997.12.26 リリース
作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
今日きょうあさからあつ寝汗ねあせをかいている
まどりついたせみいのちもからがらに
彼女かのじょ姿すがたえないが べつにもめず
なにかがみたいとおもうけど それすらからない

時計とけい電池でんちがなくなって ゆうべのあの時間じかん
最後さいご煙草たばこもなくなった いにかけなくちゃ
そと相当そうとうあつそうだ せみつづける
彼女かのじょ姿すがたえないが 帽子ぼうしをかぶらなきゃ

やっぱりそとあつく なおさらあせ
くろありかんがえる ふゆそなえなくちゃ
きっかけなんてきっと些細ささいこと むねがざわついてくる
ジリジリ日差ひざしはつよくなる すべてをかす

太陽たいよう真上まうえのぼってる かげけてえる
彼女かのじょ姿すがたえないし ここにはかげもない

蝉/斉藤和義へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:蝉 歌手:斉藤和義