1. 歌詞検索UtaTen
  2. きのこ帝国
  3. 金木犀の夜歌詞

2018.9.12 リリース

「金木犀の夜」の歌詞 きのこ帝国

作詞
佐藤千亜妃
作曲
佐藤千亜妃
iTunesで購入
曲名
金木犀の夜
アルバム
タイム・ラプス
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
だいたいよるはちょっと
感傷的かんしょうてきになって
金木犀きんもくせいかおりを辿たど

なんでもないふりしても
こえきたくなって
電話でんわ番号ばんごうおもそうとしてみる

かける、かけない
いたい、いたくない
いつのにか
随分ずいぶんどおくまでてしまったな

あのころのふたりは
ときってもえやしないよね
いつかほかだれかを
きになったとしてもわすれないで

だんだんさむくなって
なつとおぎてた
金木犀きんもくせいかおりで気付きづ

どうでもいいふりしても
きみがきなアイスみつけて
深夜しんやのコンビニできゅうもどされる

える、えない
きたい、きたくない
いつかきっとわらってはなせる
るなんて本当ほんとうかな

あのころのふたりは
こわいものなどなにかったね
いつかほかだれかを
きになったとしてもわすれないよ

だいたいよるはちょっと
感傷的かんしょうてきになって
金木犀きんもくせいかおりを辿たど

きんもくせいのよる/きのこていこく

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:金木犀の夜 歌手:きのこ帝国

リンクコード:

ブログ用リンク:

きのこ帝国 人気歌詞ランキング

きのこ帝国の歌詞一覧を見る

きのこ帝国の特集

きのこ帝国のニュース

きのこ帝国のニュースを全て見る