酒場 歌詞 冠二郎 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 冠二郎
  3. 酒場歌詞
よみ:さかば

酒場 歌詞

冠二郎

2009.11.18 リリース
作詞
三浦康照
作曲
叶弦大
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
どこにもあるような 酒場さかば片隅かたすみ
ひとりでさけに あいつがかぶ
うすいしあわせをってまぎらわす
おんな背中せなかのさみしさが
いていてた…わすれない

さだめにながされて さすらう港町みなとまち
酒場さかばまりで あいつをつけたよ
いたゆめならば てちゃいけないと
はげましったね ふたりして
きだ きだよ…おも

おれでもよかったら 一緒いっしょらそうと
あのときえたなら こころいたまない
ひとはなせないふるきずあとを
おも酒場さかばてるのさ
あいつ あいつは…どこにいる

酒場 / 冠二郎 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/05/05 05:30

何処にもあるような、酒場の片隅で、ひとりで飲む酒に、彼奴が目に浮かぶ・・恋の行き違いと言うより、ちょっした男の意地が、愛を台無しにする・・人に言えない、帰らぬ恋の傷を抱いていながら、今夜も酒を飲んでるのさ・・ひとり酒さ・・彼奴は何処にいる・・ああ酔うほどに恋しく遠い・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:酒場 歌手:冠二郎