冠二郎の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 冠二郎
  3. 冠二郎の歌詞一覧

冠二郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

81 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夫婦してます

冠二郎

歌詞:悔しかったら 泣いたらいいさ どうせ人生 一度きり 何度も転んで

旅の終りに

冠二郎

作詞: 立原岬

作曲: 菊池俊輔

歌詞:流れ流れて さすらう旅は きょうは函館 あしたは釧路 希望も恋も

雪の宿

冠二郎

歌詞:谷の瀬音が 枕にしみて 眠れないのよ ねぇあなた 抱いてください

望楼の果て

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:空に渦巻く 砂漠の嵐 耳を澄ませば 聞こえてくるよ 遠い砂丘の

まごころ

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:ひとり手酌で 呑む酒よりも 可愛いお前と 道づれに 交わすふたりの

ふたりの止まり木

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:この世で心を 許すのは たったひとりの お前じゃないか たとえ小さな

歌は世界を救う!!(燃えろ!!ロボコン ED)

冠二郎

歌詞:失敗は 誰にもある 見つけたよ 君のかがやき

人情酒場

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:未練ひきずるそんな夜は やけにお酒が恋しいよ 路地の灯りが男の胸に淋しくしみる お前ひとりが女じゃないと 酔って酔って云いながら

演歌人生

冠二郎

作詞: 鳥井実

作曲: 花笠薫

歌詞:枯れた 情の 恋歌聞けば 裏街こぼれ灯 淋しいね

流れのままに

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 岸本健介

歌詞:枯葉が肩に 舞い落ちる 愁いが胸に こみあげる 流れのままに

しぐれ坂

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 和田香苗

歌詞:炎える夕陽の こぼれ陽に 笹の小枝が 風に鳴く 肩を落して

慈母観音の歌

冠二郎

作詞: 三浦康照 ..

作曲: 三浦康照

歌詞:ああ秩父の里に 巡礼の 鈴の音ゆれて 春を知る 三十四ヶ所を

さみだれ

冠二郎

歌詞:さみだれに 紫陽花が 濡れてさみしい 石畳 ふたりでさした

木漏れ日

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:木漏れ日が ふたりを包む 冬の公園ベンチ 誰も乗らないブランコが 風に吹かれて

三陸海岸

冠二郎

作詞: 安達健治

作曲: 稲沢祐介

歌詞:出船波止場で 手を振るあの娘 連れて行けない 船乗り家業 恋はしばらく

夢に賭けろ

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:男の夢は ひとすじに 初心貫徹 怒濤の意気で この世を生きて

流浪歌

冠二郎

作詞: 吉田旺

作曲: 徳久広司

歌詞:都落ちする 背中の寒さ 誰にわかって ほしくはないが 優しき友よ

昭和おやじの詩

冠二郎

作詞: 稲沢裕介

作曲: 稲沢裕介

歌詞:焼跡に広がる青空 全て一から出直すと 食べる物がなくても 一生懸命生きて来た そんな苦しい時代でも

命の炎 秩父夜祭

冠二郎

歌詞:ワッショイ ワッショイ ホーリャイ ワッショイ ワッショイ

俺のふる里

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:ああふる里へ ああ帰ろかな 俺のふる里へ 疲れているんだね

バイキング

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 和田香苗

歌詞:狙った獲物は 逃がさない この手に財宝を 握るまで 男はみんな

都忘れの花のように

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 遠藤実

歌詞:お前の涙は 俺の涙だよ 小さな幸せ 分け合って 暮らしたころが

こころ花

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:かけた苦労の償いを きっとするよと 誓ったら 涙ひとつも 見せない奴が

北海あばれ節

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 市川昭介

歌詞:波のしぶきが 肌刺す風が 五臓六腑に しみとおる 生まれながらの

ねぶた男肌

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 市川昭介

歌詞:意地をぶつけて 根性を燃やす これが日本の 祭りだよ 俺もいっちょう

酒ものがたり

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:潮の匂いが しみついた 隙間風が 背中にしみる 古い港の

人生はふたりの舞台

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:可愛い俺の 妻だから 命を賭けても 守ってあげる 固く結んだ

くれないの丘

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:戦火の街の 片隅に 咲いた名もない 白い花 日本を離れて

しのび酒

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:口じゃ強がり 云いながら なんであいつを 思い出す 雨が淋しい

燎原の狼~若き日のジンギスカン~

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:空を切り裂く 稲妻の 光のように 砂漠を駈けめぐる 軍馬の蹄

花も実もある人生航路

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 遠藤実

歌詞:お前とならば たとえ針の山 炎の海も 越えてゆく 長いふたりの

流転酒

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:茜空 港町 誰れに追われて 来たんじゃないが 胸に傷もつ

酒に酔いたい

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 遠藤実

歌詞:別れが辛い 酒もある 忘れるための 酒もある 古い男で

あなたの恋灯り

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 岸本健介

歌詞:別れの言葉は 死ぬより辛い だからだまって さよならしたの 知らぬ他国で

望郷魂

冠二郎

作詞: 村田忠秋

作曲: 中島昭二

歌詞:呼ぶな秋風 男の胸は 不義理かさねた岸和田の 祭り太鼓に もえている

湯の町慕情

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 市川昭介

歌詞:うしろ姿の 淋しげな 肩のあたりが お前に似てる 山のいで湯で

兄貴

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 遠藤実

歌詞:あんな男は もういない だから兄貴と 俺は呼んだのさ 他人の痛みが

男の錦

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 和田香苗

歌詞:意地があるなら 男になれと 俺を叱った おふくろよ 今に見ておれ

気のむくままに

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 川口真

歌詞:今の世の中 夢もない 何をたよりに 生きりゃいいんだ 俺にはわからない

お前のために

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:机の上の 便箋に さよならと 置手紙 だまって部屋を

小雪の酒場

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:夕べ小雪の 夢見たよ なんの変りも ないだろね 小雪

居酒屋 かもめ 流れ酒

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:理由も云わずに 君から逃げた 俺を恨んで いるだろう 詫びる気持で

浪花酔虎伝

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:のれんくぐれば 道頓堀の 呑んべェ横丁に 灯がともる 今夜も一杯

のぼり竜

冠二郎

作詞: 辻本茂

作曲: 和田香苗

歌詞:打てば響くぞ 日本一の 俺ら名代の 音頭取り 生駒山から

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 和田香苗

歌詞:やると決めたら 男じゃないか 人が笑っても ただひとすじに 生きるぞ人生を

ブラボー酔虎伝

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:好きなお酒なら 飲まずにゃいられない 仕事が終れば 自由じゃないか 御意見なんかは

ほろよい酔虎伝

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:お酒 飲むなら ほろ酔い酒で 今夜も巷の 憂さ晴らし

雪の駅

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:みぞれをさけて 寒さをこらえ 体よせ合う 待合室よ 白くかすんだ

愛しき人よ

冠二郎

歌詞:風の便りに 噂を聞けば 今もあなたは 旅の空 すがる私に

これでいいんだよ

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 遠藤実

歌詞:私のことは いいのよと お前の顔が 淋しく笑う 苦労かけたね

冠二郎(かんむり じろう、本名:堀口 義弘、1944年4月23日 - )は、日本の演歌歌手。「炎」の大ヒットにより「ネオ演歌」「J-Enka」「アクション演歌」の旗手と目された。 一日の鋭気を養う方法はというテレビでの質問に「サウナです」との事。 wikipedia