1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三浦康照の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

三浦康照の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

134 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

こころ酒

藤あや子

歌詞:泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆけます 辛くとも そんな女の

酒に酔いたい

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 遠藤実

歌詞:別れが辛い 酒もある 忘れるための 酒もある 古い男で

無情の酒

藤あや子

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:酒よお前は 罪な水 なんで私を いじめるの 飲んであの人

むらさき雨情

藤あや子

歌詞:いのちを惜しむ 私なら あなたに ついて 行かないわ

花びらの雨

若山かずさ

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:風が泣く 山が騒ぐ 烈しい愛の 名残りのように 誰にもあなたを

弘田三枝子

作詞: 三浦康照

作曲: 三枝伸

歌詞:生きて行くには 道は険しい ほこりだらけの この道だけど なみだ捨てて

木曽路わかれ雨

冠二郎,北見恭子

作詞: 三浦康照

作曲: 市川昭介

歌詞:(女)炎えているのに 寒いのあなた (女)抱いて下さい 私を強く (男)すがるお前の

ふたり花

藤あや子

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:あなたのために 生れて来たの かくれて泣いても 笑顔でいたい 辛いこの世の雨や風

うたかたの恋

五木ひろし

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:蛇の目の傘で 人目をさける ふたりの肩を 濡らす雨 辛い別れに

望楼の果て

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:空に渦巻く 砂漠の嵐 耳を澄ませば 聞こえてくるよ 遠い砂丘の

女のまごころ

藤あや子

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:あなたがいないと 生きて行けない 強いようでも 弱いの私 ひとりにしないで

さみだれ

冠二郎

歌詞:さみだれに 紫陽花が 濡れてさみしい 石畳 ふたりでさした

海峡かもめ

桜井くみ子

作詞: 三浦康照

作曲: 岡千秋

歌詞:凍えるような 指先を そっと吐息で 温める 群れをはぐれた

恋双六

北見恭子

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:惚れて別れて 振り出しに 戻る男女の 恋の仲 双六遊びじゃ

北海あばれ節

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 市川昭介

歌詞:波のしぶきが 肌刺す風が 五臓六腑に しみとおる 生まれながらの

湯の町みれん

若山かずさ

作詞: 三浦康照

作曲: 叶弦大

歌詞:ついて来るかい 行きますと 天城を越えた あの夜は還らぬ まぼろしか

男の道

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:男の道は ひとすじに 夢に賭けるも いいだろう のらりくらりと

旅路の果て

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:川の流れに 愁いあり 山に吹く風 涙あり 俺の体は

麗人草

藤あや子

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:こころの暦を またひとつ 涙で今日も 消しました 慕う私の

花びら慕情

藤あや子

作詞: 三浦康照

作曲: 水森英夫

歌詞:花の命の 儚なさと 同じ さだめか 私の恋も

女の純情

歌恋

作詞: 三浦康照

作曲: 徳久広司

歌詞:私は弱い 女です あなたがいないと 駄目なのよ だからお願い

どうせこの世は成り行きまかせ

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:惚れて別れて また惚れて 酒がとりもつ 縁もある 遠い神世の

忘れないさ

北原謙二

作詞: 三浦康照

作曲: 山路進一

歌詞:泣かないって 約束したのに 「さよなら」と 言ったら 何んにも言わずに

この世で一番好きな人

石原詢子

作詞: 三浦康照

作曲: 影山時則

歌詞:お前は花なら 白ぼたん あなたに言われて うれしいわ この世で一番

愛の言葉を

弘田三枝子

作詞: 三浦康照

作曲: 原信夫

歌詞:誰かが 私に呼びかける 甘くやさしい 愛をさゝやく そよ風

しのび川

岡ゆう子

作詞: 三浦康照

作曲: 市川昭介

歌詞:湯上りの 船宿で ひとり浴衣の 帯しめながら 残る温もり

面影の女

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 遠藤実

歌詞:白いうなじに 細い肩 着物が似合う 女だった 思い出だけを

ゆきずりの花

若山かずさ

作詞: 三浦康照

作曲: 市川昭介

歌詞:あなたに逢えない 淋しさを ひとりでまぎらす 想い酒 好きよ好きです

花くれないに命燃えて…

藤あや子

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:男と女の 出逢いがあれば いつかは別離が ふたりを引き裂くの これがこの世の

酒ものがたり

冠二郎

作詞: 三浦康照

作曲: 小野彩

歌詞:潮の匂いが しみついた 隙間風が 背中にしみる 古い港の