1. 歌詞検索UtaTen
  2. 林原めぐみ
  3. 薄ら氷心中歌詞
よみ:うすらひしんじゅう

「薄ら氷心中」の歌詞 昭和元禄落語心中 ED

林原めぐみ
2016.2.3 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ねえ、如何どうしてわさうともしないの。何故なぜ屹度きっと
直視ちょくしたいへない。」とでもふのでせう。だうせ。ぢやあ
一体いったいだれよ。こんなおんなにしたのはだれ
ねえ、つてゐたんだよつててくれるのをずつと。
やつとへたつてのにいてもくれないのか。一寸ちょっとあゝああ
人生じんせい破算はさん。おまえさんあんたの所為せいだつて。
かんないの。仕合しあわせつてなにれがれだつてのよ。
面倒臭めんどうくさいわ。脳味噌のうみそわたもばらいてせやうか。ほねずい
までかれたおんなをごらんなさい。
きよ大好だいすき、みんなあんたにげる。いゝえ。きらだいきら
よ、かえしていまぐ。なんて。まうおそいわ南無三なむさん
まえさんで出来できてんだ、全部ぜんぶ
かつてんの。仕合しあわせも、不幸ふこうも、刻一刻こくいっこくせる。
やこいやうであったかいこのが、あじわひくしたわ。これ
以上いじょうなんにもいとおもふの。にく可愛かわいひとよ。いたいやうで
気持きもいおわかれよ。つたあの日々ひびとどめてゐるまゝまま
生命いのちごとはらせて仕舞しまひたい。
うすらいでくわ。わたしひと法師ぼっち

薄ら氷心中/林原めぐみへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:薄ら氷心中 歌手:林原めぐみ