1. 歌詞検索UtaTen
  2. すぎもとまさと
  3. 東の国から歌詞

2008.6.4 リリース

「東の国から」の歌詞 すぎもとまさと

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ひがしくにからかぜ
きみまちまでんでたのさ
らない名前なまえになると
みじか手紙てがみ
なにもかもむかえにたよ

都会とかいくらしにつかれたと
ぼくまえから突然とつぜんえた
わすれることなど出来できないよ
夜更よふけの雨戸あまどをたたいて
きみ笑顔えがおたい

ためいきついてはとおくをつめる
駅前通えきまえどおりの喫茶店きっさてん
御免ごめんなさいねの一言ひとことだったよ
無理むりしてあかるくふるまうぼく

春風はるかぜころ二人ふたりなら
並木なみきどおりもはなやぐだろう
おそすぎたんだねこの指輪ゆびわ
ポケットにって
このままきみせずにおこう

つれなく背中せなかがつらいよ
かなしみふかまる日暮ひぐみち
しきにはてねの一言ひとことだったよ
すべてはぼく一人芝居ひとりしばい

ひがしくにからんでたのに
なにもかもててんでたのに……

ひがしのくにから/すぎもとまさと

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:東の国から 歌手:すぎもとまさと

リンクコード:

ブログ用リンク:

すぎもとまさと 人気歌詞ランキング

すぎもとまさとの歌詞一覧を見る