春の嵐 歌詞 私立恵比寿中学 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 私立恵比寿中学
  3. 春の嵐歌詞
よみ:はるのあらし

春の嵐 歌詞

私立恵比寿中学

2017.5.31 リリース
作詞
照井順政
作曲
照井順政
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
けるかぜ
はなびらをげて
むねおくかくした
秘密ひみつひもいて
げていった

なんでもできるになって
散々さんざんみんなまわして
きずつけたしきずついた
季節きせつはもうぎて

他人たにん数字すうじ見比みくらべて
自分じぶん価値かち めつけてる
本当ほんとう気持きもちからずっと
らして

むねおくほう
自分じぶんでもわすれてた
気持きもちがきみのせいだ
あばめられない

はるあらしはもうぎてしまったのに
いまになってまたれてる
この気持きもちをまっすぐに
きみけたい
大人おとなになってしまうまえ

ひらりひらりとはなびらが
こころもる
いつからだろう
ありのままでつたえること こわくて

けるかぜ
自分じぶんでもわすれてた
気持きもちのひもいて
はし
められない

はるあらし
もうぎてしまったのに
いまになってまたれてる
この気持きもちをかざらずに
きみつたえること
まだすこしだけこわいけど

いつもの街角まちかど
したあめなか
なんでもできるになって
もう一度いちど大声おおごえうたえ!
こえれても

むね鼓動こどう
たかくなる体温たいおん
かわいたインクをかしていく
きみえていなければ
ぎてくだけの日々ひび
かぜつよいた

はるあらし
もうぎてしまったのに
いまになってもっとつよくなって
この気持きもちをぐに
きみつたえたなら
わたしすこわれるかな?

けるかぜ
はなびらをげて
そのこうがわ
たことのない明日あした
はこんでく
きっと

春の嵐 / 私立恵比寿中学 の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春の嵐 歌手:私立恵比寿中学