1. 歌詞検索UtaTen
  2. 日向坂46
  3. 半分の記憶歌詞
よみ:はんぶんのきおく

「半分の記憶」の歌詞

半分の記憶 歌詞
日向坂46
2018.3.7 リリース
作詞
秋元康
作曲
吉田司,村山シベリウス達彦
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ひとなみにさらわれて どこへられたか?
こんなきでいるのに きみのことを見失みうしなったよ
あとって 名前なまえんで はしまわったけれど
黄昏たそがれのこのまちにすべてまぎれてしまった

さよならか
ぼくのせいだ
些細ささいほころびに
こころかれて
わない

あい感情かんじょうわすれもの
きみはもうここにはいないんだ
おもすこしずつくずちてやみなか
想像そうぞうかなしみは きっとめることができただろう
まえ現実げんじつはただ自分じぶんめたくなる
きみは(ぼくを)ぼくは(きみを)わすれられるのかきたいんだ
半分はんぶん記憶きおく

やがてまちいろがつき よるはじまったころ
なぜか腹立はらだたしくて きみすこきらいになった
自分勝手じぶんかってで わがままぎて いきれないって
かげのないアスファルト 全部ぜんぶ 文句もんくした

あやまるか
きみのせいだ
ちいさな誤解ごかいから
二人ふたりもどれなくなった
あの場所ばしょまで

キスは情熱じょうねつさがしもの
ふいにったくちびる感触かんしょく
たがいの価値観かちかんおなじだってしんじてた
理屈りくつっぽいしあわせは たぶんつかむことができたけど
正直しょうじきなふしあわせ そう抵抗ていこうできなかった
キスは(過去かこを)キスは(未来みらい)かたっていたのかりたいんだ
半分はんぶん憂鬱ゆううつ

あい感情かんじょうわすれもの
きみはもうここにはいないんだ
おもすこしずつくずちてやみなか
想像そうぞうかなしみは きっとめることができただろう
まえ現実げんじつはただ自分じぶんめたくなる
きみは(ぼくを)ぼくは(きみを)わすれられるのかきたいんだ
半分はんぶん記憶きおく

歌唱メンバー けやき坂46 2期生

半分の記憶/日向坂46へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:半分の記憶 歌手:日向坂46