1. 歌詞検索UtaTen
  2. 椿屋四重奏
  3. 終列車歌詞

2004.4.21 リリース

「終列車」の歌詞 椿屋四重奏

iTunesで購入
曲名
終列車
アルバム
深紅なる肖像
金額
¥153
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
だれせつけない眼差まなざしは あきらめがからだ馴染なじんだから
ぬぐえない日々ひびにさいなまれて やがてりつぶせるほど

まどろみをっていてやりごす おとずれる空白くうはくかえ
むくわれない無我夢中むがむちゅう最中さいちゅう みずか明日あした手放てばなした

真上まうえから見下みくだす おまえかなしみに ふさがれてしまう
身動みうごきも出来できずに むねかれて いたみすらうばわれ
ただわすれたいだけ それだけ ひとにぎりの ささやかな 過去かこ

その感触かんしょくだけを手元てもと火花ひばならす滑車かっしゃうえ
すべりにしたままに 後悔こうかいころしてすべちて

りもしないこたえに かれたおれ結末けつまつえている
むすばれているような そのおもちがいが 仕合しあわせとうのなら

真上まうえから見下みくだす おまえかなしみに ふさがれてしまう
身動みうごきも出来できずに むねかれて いたみすらうばわれ
ただわすれたいだけ それだけ ひとにぎりの ささやかな 過去かこ

しゅうれっしゃ/つばきやしじゅうそう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:終列車 歌手:椿屋四重奏

リンクコード:

ブログ用リンク:

椿屋四重奏 人気歌詞ランキング

椿屋四重奏の歌詞一覧を見る

椿屋四重奏の特集