1. 歌詞検索UtaTen
  2. 椿屋四重奏
  3. 砂の薔薇歌詞
よみ:すなのばら

「砂の薔薇」の歌詞

砂の薔薇 歌詞
椿屋四重奏
2005.9.14 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あざやかなまぼろしくされたからだ
背中せなかのこったままの 歯型はがた つめあと

かかとで無情むじょうらし きた日々ひび坂道さかみち
きみはまたおなじように きずせに

やがてうしなわれてゆく その時間じかんれたもの
あおめたうみふかくに しずめたから

うつるほどそばてつくこのかして
たとえ記憶きおくいきをしなくなっても
いまそこにあるきみいとしい

めたまぼろしまぎれたきみさが
背中せなかさったままの 薔薇ばらはなれずにいた

やがてうしなわれてゆく その実感じっかんべるもの
あおめたうみふかくに しずめたくて

うつるすべての意味いみすなまれてしまう
たとえ記憶きおく二度にどかえらなくても
きみだけははなせずにいたんだ

うつるほどそばてつくこのかして
たとえ記憶きおくいきをしなくなっても
いまそこにあるきみいとしい

砂の薔薇/椿屋四重奏へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:砂の薔薇 歌手:椿屋四重奏