1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島津亜矢
  3. 新内「明烏」より 浦里歌詞
よみ:しんない「あけがらす」より うらざと

「新内「明烏」より 浦里」の歌詞

島津亜矢
2009.12.16 リリース
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
不幸ふこうにおいが わかるのか
うた初手しょてから 相惚あいぼれて
はな吉原よしはら にぎわうやみ
あいこいしの 起請文きしょうもん
何百なんびゃくわせど 苦界くがいでは
夫婦ふうふになれない かごとり

「おゆるください…
みせにかかりのある時次郎ときじろうさんゆえ、
浦里うらざと手引てびきをして
二階にかいげたのでございます。
ああむごい、ってたかって時次郎ときじろうさんを
つのるのと仕放題しほうだい
その、どうかわたしください…
この浦里うらざとわるいのです。
心底しんそこれた時次郎ときじろうさんの身替みがわりなら、
どのような
おうとも、わたしいといません……」

法度はっとやぶりの 折檻せっかん
あわ浦里うらざと をさらす
物見高ものみだかいは 色里いろざとごのみ
ゆきれだち のぞきみる
どのよなおうとも
つかささんあるなら えられる

時次郎ときじろうさん、
どうしてもどってきたのですか…
ここでぬのは容易たやすいけれど、
くるわぬのははじはじ
はやくこのなわはやくこのなわって、
箱梯子はこばしごのぼりへいえましょう。
大門おおもんければ自由じゆう
浦里うらざとうれしゅうございます……」

この旅路たびじさき
みぎひだりきどまり
いっそ二人ふたりうて
わたさん夫婦ふうふせん
闇夜やみよ名残なごりを げるよに
いてせつない 明烏あけがらす

新内「明烏」より 浦里/島津亜矢へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:新内「明烏」より 浦里 歌手:島津亜矢