旅役者の唄 歌詞 霧島昇 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 霧島昇
  3. 旅役者の唄歌詞
よみ:たびやくしゃのうた

旅役者の唄 歌詞

霧島昇

1994.6.21 リリース
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あき七草ななくさ いろすころよ
役者やくしゃなりゃこそ たびからたび
くもながれる 今年ことしれる
かぜにさやさや はなのぎ

時雨しぐれふるよる蟋蟀こおろぎいて
なぜかさびしい 太鼓だいこ
下座げざ三味しゃみさえ こころにみる
おとこなみだ牡丹刷毛ぼたんばけ

のぼりはたはた 夕雲ゆうぐもれば
わたかり 故郷こきょうとお
役者やくしゃするそらとり
どこのいずくで てるやら

旅役者の唄 / 霧島昇 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/04/20 16:58

旅役者が講演できる場所が最近は非常に少なく、外題も多く股旅ものが多いので最近は歌として成立していない・・しかし・・秋の七草色なす頃は、役者ならこそ旅から旅へ知らぬ他国の花を見る哀感は理解できる・・なぜか淋しい寄せ太鼓・・下座の三味さえ心に沁みる・・男涙の牡丹刷毛・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:旅役者の唄 歌手:霧島昇