1. 歌詞検索UtaTen
  2. 児島未散
  3. はじめての赤いバラ歌詞
よみ:はじめてのあかいばら

「はじめての赤いバラ」の歌詞

はじめての赤いバラ 歌詞
児島未散
1991.4.21 リリース
作詞
魚住勉
作曲
馬飼野康二
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
あいするひと こいするとき
永遠えいえん
ほしむすばれて まれたのね
わたしこい 真実ほんとこい
はじめての
とてもゆめが あふれていた

どこにでもあるような
ちいさな出逢であいだけど
つめられたりしたなら
むねドキドキ

はじめての あかいバラ
あいするひとささげたら
もしもゆめでも ときめくでしょう

はじめての あかいバラ
仔猫こねこのようにきしめて
きっとこのまま あなたをきになるわ

可愛かわいひと うつむとき
かないで
きみねむるまで ここにいると
あなたのこえ あなたの
ぬくもりで
いつも気持きもはずんでいた

いつまでもこのあい
つづけばいいね ずっと
もしかしておわりなんて
むねドキドキ

はじめての あかいバラ
子供こどものころのあこがれは
きっといまでも 夢見ゆめみるでしょう

はじめての あかいバラ
仔猫こねこのように って
ずっとこのまま あなたのそばにいるわ

はじめての あかいバラ
あいするひとささげたら
もしもゆめでも ときめくでしょう

はじめての赤いバラ/児島未散へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:はじめての赤いバラ 歌手:児島未散