1. 歌詞検索UtaTen
  2. 線香花火歌詞

2011.5.4 リリース

「線香花火」の歌詞

iTunesで購入
曲名
線香花火
アルバム
秘密 - EP
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
欲張よくばってった花火はなびセット まわよるのネオンサイン
むしさされのかずきそって わらった
何故なぜせつなくなるから あんまりきじゃないのよって
きみうからぼく部屋へやに とりのこされた線香花火せんこうはなび

きみいていったおも突然とつぜんかぜられて
ぽとりとちた

ふるえるようにいた いているようにっていった
永遠えいえんしんじたのは何故なぜ
やがてわりがくると わかっていたはずなのに
あわれな線香花火せんこうはなび

いつか大人おとなになるのかなって きみさびしそうにつぶやいた
時間じかんまれと本気ほんきねがった
残酷ざんこくなほど時間じかんいまきみ過去かこへとしやっていく
さからうことゆるされずに えないでまだくすぶっている

きみいていったおもあふてはほおらして
ぽつりとちた

ぼくらしてくれた やさしくつつんでくれた
まぶしくむねおくがす いまはもうかなしいひかり

それでも何度なんどをともしてはかえ
おさえきれないおもらしすから きみ名前なまえ
ぽつりとんだ

ふるえるようにいた いているようにっていった
はかなくていとしくて あまりに綺麗きれい
ぼくらしてくれた やさしくつつんでくれた
まぶしくむねおくがす
おとてずにえた 最後さいご線香花火せんこうはなび
二人ふたりなつわりをげる

ふるえるようにいた いているようにっていった

せんこうはなび/つる

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:線香花火 歌手:鶴

リンクコード:

ブログ用リンク:

鶴 人気歌詞ランキング

鶴の歌詞一覧を見る

鶴のニュース