1. 歌詞検索UtaTen
  2. 丸山圭子
  3. 風見鶏歌詞

1977.12.5 リリース

「風見鶏」の歌詞 丸山圭子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
またってしまう とおくへ…
ふるいレンガづくりのやかた
街路樹がいろじゅのやせた枯葉かれは
さむ季節きせつ

どこをむくのか 風見鶏かざみどり
まぐれなかぜに さそわれて
そぞろに うごきまわるは
まるで あのひとこころのよう

こうして たたずんでいるのは
かげに ひきづられているから
ああ… どうして わすれようとしたのか
あしはずして こころをくじいた

"さようなら"と一言ひとこと
一筆いっぴつがきで なげだす
トレンチ・コートのえりをたて
さむさをしのぐのに

こうして たたずんでいるのは
かげに ひきづられているから
ああ… どうして わすれようとしたのか
あしはずして こころをくじいた

ああ… どうして わすれようとしたのか
あしはずして こころをくじいた

かざみどり/まるやまけいこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:風見鶏 歌手:丸山圭子

リンクコード:

ブログ用リンク:

丸山圭子 人気歌詞ランキング

丸山圭子の歌詞一覧を見る