1. 歌詞検索UtaTen
  2. 丸山圭子
  3. 或る女のつぶやき歌詞

1980.3.20 リリース

「或る女のつぶやき」の歌詞 丸山圭子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ひざみかえておんなはつぶやく
自分じぶん素直すなおでありたい」
めぐ季節きせついろまりながら
肩先かたさきやさしさがにおうようになった

たとえひとりのひと本気ほんきしんじたとしても
それはそれでささやかなあい

わすれられるひとがいて わすれられないひとがいる
をとりあってきていけるなんて 素敵すてきことじゃない?

ルージュひきながらおんなはつぶやく
昨日きのう自分じぶんにさよなら…」
黄昏たそがれひとだかりにながされて
こころからおもをすられてしまった

たとえむかしのあなたとここで出逢であったとしても
それはそれでただのすれちが

つかみきれるひとがいて つかみきれないひとがいる
はだをあわせてきていけるなんて しあわせなことじゃない?
かんじあえるひとがいて かんじあえないひとがいる
かぎりなくやさしくきていけるなんて 大切たいせつことじゃない?

あるおんなのつぶやき/まるやまけいこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:或る女のつぶやき 歌手:丸山圭子

リンクコード:

ブログ用リンク:

丸山圭子 人気歌詞ランキング

丸山圭子の歌詞一覧を見る