1. 歌詞検索UtaTen
  2. 丸山圭子
  3. ふたりの砂時計歌詞

1977.9.5 リリース

「ふたりの砂時計」の歌詞 丸山圭子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
そうね あまえんぼうわたし
背中せなかをまわして あなたのむね
みみをふさげば ほら 二人ふたりきりよ

グラスにただよう アワのようね
一息ひといききかけ フワフワ
かたちがなくなって とけてしまう

あなたが しばらくのねむりにつくころ
がままわずに ていくわたしだから
ねがいもうすこし このまま
みたいの
二人ふたり砂時計すなどけい こぼれおちるまで

つめたいつまさきが かさなる
ほほにやさしくあなたののひら
くちびるかさなれば あついわ

グラスにしみこむひかりのようね
ほんのり 波間なみまをゆらゆら
ちりばめられた 二人ふたりあい

あなたが しばらくのねむりにつくころ
がままわずに ていくわたしだから
ねがいもうすこし このまま
みたいの
二人ふたり砂時計すなどけい こぼれおちるまで

ねがいもうすこし このまま
みたいの
二人ふたり砂時計すなどけいにこぼれおちるまで

ふたりのすなどけい/まるやまけいこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ふたりの砂時計 歌手:丸山圭子

リンクコード:

ブログ用リンク:

丸山圭子 人気歌詞ランキング

丸山圭子の歌詞一覧を見る