湯の町哀歌 歌詞 池田輝郎 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 池田輝郎
  3. 湯の町哀歌歌詞
よみ:ゆのまちあいか

湯の町哀歌 歌詞

池田輝郎

2011.1.1 リリース
作詞
関口義明
作曲
水森英夫
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いで銀座ぎんざぎん
ひと文字もじけた がともる
ひとのうわさの 細糸ほそいと
たぐりせれば そのさき
きみはけむり かくればな

さけにやつれた 横顔よこがお
しろさにつのる いとおしさ
いまむのか このまち
ものがたりの つれづれに
ゆめしいと いたひと

はしのたもとで べば
山鳥やまどりいて やみにとぶ
えばわかれが つらいから
ひとりかえろう れながら
きみの面影おもかげ てて

湯の町哀歌 / 池田輝郎 の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:湯の町哀歌 歌手:池田輝郎