aikoの『二時頃』を聴いて思う、彼女が恋愛ソングの女王と呼ばれる理由の画像(3/8)