1. 「純粋がいつも正しいとは限らない」10-FEET、祖母に歌った『アンテナラスト』が教えてくれることとは!?

「純粋がいつも正しいとは限らない」10-FEET、祖母に歌った『アンテナラスト』が教えてくれることとは!?

長年、ファンから絶大な支持を受けている10-FEET。 1997年に京都で結成された彼らはメロコアバンドでありながら、HIP HOPやREGGAEなど他のジャンルの音楽を混ぜたミクスチャーロックな一面も併せ持つ。

2017年6月5日


この記事の目次
  1. ・10-FEET 最新情報
  2. ・リリース情報
  3. ・イベント情報
  4. ・ツアー情報
  5. ・10-FEET Profile
主催イベントの京都大作戦の出演者を見ればわかるように、彼らは様々なバンドを繋いできた。そのおかげか昔からのファンだけではなく、10-FEETは中高生たちにも驚くほど人気がある。

京都大作戦は毎年7月に京都府宇治市で行われている10-FEET主催のロック・フェスである。初開催の2007年は「つじあやの」「湘南乃風」など、ロック以外からのアーティストも出演予定だったが、台風のため中止となってしまった。しかし、それ以降は毎年行われて、ジャンルを問わないアーティストの出演などで大きな盛り上がりを見せている。

魅力的なフェスの仕掛け人10-FEETの2016年の新曲「アンテナラスト」をご存知だろうか。アンテナラストというのは「錆びついたアンテナ」を意味する造語だ。

それは歳をとるごとに薄れ、経験を重ね世の中を知るにつれて錆びついてしまう純粋な感受性を指している。しかし、錆びついてしまうのは決して悪いことではなく、アンテナが錆びたからこそ気づく愛もあるのだ。

ボーカルのTAKUMAは身を以てそれを体験したようで、アンテナが錆びついたからこそ亡くなってしまった祖母の愛に気がついた。



“言葉足らずのあなたの言葉 たくさんの思いがあったでしょう
あまりあなたに会わなくなって つまらぬ男になりました”


彼は成長したからこそ、祖母も言葉足らずだったと気づいた。
「あなたに会わなくなってつまらぬ男になりました」というのは、祖母に会わなかったことへの後悔を綴った詞であり彼の錆びついていない純粋な部分が現れている。

“母の帰りを待つ私に あなたじゃ嫌だと泣く私に
それでもあなたは優しくて ずっと側に居てくれました”


子供の頃、母が仕事にいく際に祖母に預けられたというTAKUMA。
彼は仕事に行く母と遊べない虚しさから祖母に八つ当たりをしていたという。
それでも祖母は、ずっと側に居てくれて彼に愛情を注ぎ続けてくれたのだ。

錆びついていない純粋なアンテナは、時に人を傷つけることもある。「純粋」とはとても良いことであると思いがちだが、危険な一面も持ち合わせているとこの曲が教えてくれる。

“言葉足らずでなければ僕ら 届かないことを知らないから
身を寄せ合う程に僕らは また傷つけ合いました”


ここでいう僕らとは誰を指し示すのか。
この僕らの中にはアンテナラストを聴いた人はもちろん、祖母も含まれている。

錆びついたアンテナはTAKUMAだけが持っているものではなく、祖母も同様に持っているのだ。
さらに言ってしまえば、私たちもそのアンテナを持ち合わせている。

「言葉足らずでなければ僕ら 届かないことを知らないから」という歌詞が錆びついたアンテナを持つと言葉足らずでも愛情に気づけると教えてくれる。前出の歌詞「言葉足らずのあなたの言葉 たくさんの思いがあったでしょう」を見れば分かるように、TAKUMAのアンテナが実際に錆びついたことによりその事実に気づいたのだ。

アンテナラストは祖母に向けられた歌ではあるが、同曲からたくさんの価値観を得られる。たった一人に向けられたアンテナは、たくさんの人にアンテナの使い方を教えてくれているようだ。

ライター名:笹谷創(http://sasaworks1990.hatenablog.com/

10-FEET 最新情報

リリース情報

<作品概要>
10-FEET
8thアルバム
Fin
11月1日(水)発売

完全生産限定盤 【CD+DVD+GOODS】 UPCH-29268 ¥4,500+税
初回生産限定盤 【CD+DVD】 UPCH-29265 ¥3,500+税
通常盤     【CD】 UPCH-20462 ¥2,600+税
*完全生産限定盤には、“10-FEET20周年記念パスケース”付き!

●CD収録内容(3形態共通)
1. 1 size FITS ALL
2. Fin
3. fast edge emotion
4. ウミガラスとアザラシ
5. ヒトリセカイ
6. 十二支
7. HONE SKA feat.東京スカパラダイスオーケストラ
8. 月 〜sound jammer せやな〜
9. 夢の泥舟
10. 火とリズム
11. way out way out
12. アンテナラスト
13. STANDin
14. 太陽4号
15. 何度も咲きました

●DVD収録内容(完全生産限定盤/初回生産限定盤 共通)
①「京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」
JUST A FALSE! JUST A HOLE! / VIBES BY VIBES
太陽4号 / ヒトリセカイ
DO YOU LIKE...? / その向こうへ / CHERRY BLOSSOM
②「OF THE ビデオ, BY THE ビデオ, FOR THE ビデオ! II」
1. STONE COLD BREAK
2. SHOES
3. goes on
4. U
5. 1sec.
6. super stomper
7. What’s up?
8. hammer ska
9. その向こうへ
10. コハクノソラ
11. アンテナラスト
12. ヒトリセカイ
13. 火とリズム
14. 太陽4号
15. 月 ~sound jammer せやな~
 ※メンバーによる全曲MV解説付き!
③NOボーナス映像:KOUICHI「TRUE LOVE」(京都大作戦2017

●初回プレス分封入特典
「10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018(1,2月公演分) チケット先行受付シリアルコード」
受付期間:2017年10月31日(火) 昼12:00 〜 2017年11月6日(月) 23:59まで
※完全生産限定盤、初回限定盤、通常盤 3形態の初回プレス分にのみ封入されます。
※対象公演


イベント情報

<10-FEET アルバム「Fin」発売記念 スペシャルトークイベント>
11/1に発売される10-FEETのニューアルバム「Fin」の発売を記念して、メンバー3人によるスペシャルトークイベント」の開催が決定!!
アルバムに収録される新曲から何曲かの先行試聴も予定しています!(京都のみ発売後のため“先行”試聴とはなりませんので予めご了承ください。)
それぞれの「対象店舗」にてアルバム「Fin」をご予約(全額支払い完了)された方に「応募ハガキ」をお渡しします。
それぞれの期間内にご応募いただいた方の中から抽選で、各会場イベントにご招待いたします。
下記の日程、応募要項をご確認の上、ふるってご応募ください!!

■各会場、ラジオ番組による「リスナー招待枠」もございます。各番組による招待の詳細は後日ご案内させて頂きます。
■会場により番組の「公開録音」を兼ねてのイベントとなるところもございます。
■各トークイベントごとに内容が異なる可能性がございます。トークイベント内容に関しては現状未定となっております。ご了承ください。

日程 地域 開始予定時刻 応募締め切り 当選案内メール
配信予定日
10/9(月祝) 札幌市内某所 15:00開始予定 締め切り済み 10/4(水)以降予定
10/15(日) 名古屋市内某所 19:30開始予定 締め切り済み 10/10(火)以降予定
10/21(土) 福岡市内某所 18:00開始予定 10/6(金)当日消印有効 10/16(月)以降予定
10/22(日) 東京都内某所 15:00開始予定 10/6(金)当日消印有効 10/16(月)以降予定
10/28(土) 大阪市内某所 13:00/15:30
(2回実施)予定 10/13(金)当日消印有効 10/20(金)以降予定
11/3(金祝) 京都市内某所 13:30開始予定 10/20(金)当日消印有効 10/27(金)以降予定
※大阪のみ「アルバム予約 ご当選者」で1回、「ラジオ番組 ご当選者」で1回、計2回実施となります。
実施の順序は未定です。決まり次第追ってご案内させていただきます。
★詳細はこちら → https://10-feet.kyoto/contents/119063


ツアー情報

<10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018>
10月31日 火 京都KBSホール
11月6日 月 水戸LIGHT HOUSE
11月8日 水 宇都宮HEAVEN'S ROCK
11月10日 金 甲府CONVICTION
11月12日 日 松本SOUND HALL a.C
11月14日 火 長野CLUB JUNK BOX
11月16日 木 高崎club FLEEZ
12月2日 土 周南RISING HALL
12月4日 月 松江AZTiC canova
12月6日 水 米子AZTiC laughs
12月8日 金 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
12月10日 日 神戸 太陽と虎
12月12日 火 大津B-FLAT
12月14日 木 奈良NEVER LAND
12月16日 土 和歌山SHELTER
12月18日 月 京都MUSE
1月6日 土 高松festhalle
1月12日 金 広島BLUE LIVE
1月17日 水 福岡DRUM LOGOS
1月22日 月 新潟LOTS
1月27日 土 Zepp Sapporo
2月1日 木 豊洲PIT
2月8日 木 Zepp Osaka Bayside
2月13日 火 Zepp Nagoya
2月18日 日 仙台PIT
2月22日 木 Zepp Tokyo
3月1日 木 さいたま新都心HEAVEN'S ROCK
3月3日 土 熊谷HEAVEN'S ROCK
3月5日 月 千葉LOOK
3月7日 水 横浜F.A.D
3月9日 金 静岡SOUND SHOWER ark
3月11日 日 浜松 窓枠
3月19日 月 松阪M'AXA
3月21日 水・祝 岐阜club-G
3月23日 金 福井響のホール
3月25日 日 富山MAIRO
3月27日 火 金沢EIGHT HALL
4月4日 水 苫小牧ELLCUBE
4月6日 金 帯広MEGA STONE
4月8日 日 釧路NAVANA DANCE STUDIO
4月10日 火 北見ONION HOLL
4月12日 木 旭川CASINO DRIVE
4月14日 土 函館club COCOA
4月20日 金 長崎DRUM Be-7
4月22日 日 熊本B.9 V1
4月24日 火 佐賀GEILS
4月26日 木 大分DRUM Be-0
4月28日 土 宮崎WEATHER KING
4月30日 月・祝 鹿児島CAPARVO HALL
5月7日 月 山形MUSIC 昭和 SESSION
5月9日 水 酒田MUSIC FACTORY
5月11日 金 秋田CLUB SWINDLE
5月13日 日 青森Quarter
5月15日 火 盛岡Club Change WAVE
5月17日 木 郡山CLUB #9
5月19日 土 いわきclub SONIC
5月25日 金 松山W STUDIO RED
5月27日 日 高知CARAVAN SARY
5月29日 火 徳島club GRINDHOUSE
6月9日 土 宜野湾HUMAN STAGE
6月11日 月 沖縄 桜坂セントラル

※2018年1〜2月の公演は全てワンマン公演となります。それ以外の公演はゲストありの予定ですが、一部公演がワンマン公演になる可能性もございます。
※詳しくはこちら ⇒ 10-FEETオフィシャル・サイト https://10-feet.kyoto/

10-FEET Profile

メンバー
KOUICHI(Dr./Cho.)
TAKUMA(Vo./Gt.)
NAOKI(Ba./Vo.)

1997年、地元・京都にて結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。

シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルでは既に括る事のできないその音楽性は、ROCK、PUNK、HEAVY METAL、REGGAE、HIP HOP、GUITAR POP、BOSSA NOVA等のジャンルを10-FEET流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ラウドロック・シーンで確かな存在感を示している。

また年間約100本にも及ぶ精力的なライブ活動も、その迫力満載のライブパフォーマンス、人間味溢れる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振りまいている。エンターテイナー性溢れるその活動スタイルを徹底している。

2007年夏には、「京都に大型野外フェスを。」の声のもとにバンド自らが企画した“京都大作戦2007”を立ち上げるも、台風の接近により中止となる。翌年以降は2日間に拡大して、毎年“京都大作戦”を開催、今や二日間でのべ4万人を動員する「関西最大規模の夏フェス」となっている。

近年では“フェスの王様”とも称されるほど、各地で行われるロック・フェスティバルには欠かせない存在に。2015年は夏のROCK IN JAPAN FESTIVAL4日間の大トリと冬のCONTDOWN JAPAN FESTIVALでのカウントダウンを、同フェスの歴史上初めて同一年で務めるという快挙を成し遂げた。また、RISING SUN ROCK FESTIVALでは日の出を迎えるトリを務め、FUJI ROCK FESTIVALではグリーン・ステージのトップバッターを務めるなど、重要な局面を任されることも多い。また出演本数も数多く、ここ数年は夏フェス最多出演数記録の1位を常に争っている。

2011年以降、東日本大震災への支援活動にも積極的に取り組んでおり、ライブ ツアー“東日本大作戦”や、募金により被災地へさまざまな物資を届ける“ふとん大作戦”などを行なっている。2017年1月には“東日本大作戦番外編”と称して、ゼビオアリーナ仙台で二日間にわたり1万人以上を動員する大型フェスを開催した。

2016年7月20日、「その向こうへ」以来約5年ぶりとなるシングル「アンテナラスト」をリリースすると、オリコン・ランキング初登場5位と自身最高位を記録。バンド結成20周年、京都大作戦10周年となる節目の年、2017年の幕開けを飾った、テレビ東京ドラマ24「バイプレイヤーズ」のオープニングテーマとしても話題になったシングル「ヒトリセカイXヒトリズム」を2月1日にリリースすると、さらに最高位を更新する4位を獲得した。開催10周年を記念して初めて三日間3日間で開催された「京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」は最終日に雷雨による中断を余儀なくされながらもなんとか完遂、また新たな伝説として語り継がれることとなった。7月19日リリースのシングル「太陽の月」も自己最高位タイの4位を記録、バンド結成20年にしてその伸び代はなお果てしない。

10-FEET OFFICIAL WEB SITE
https://10-feet.kyoto/

『LET FREEDOM RING』に…

女子の反感を喰らうギリギリのところでの…