1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. RAY(レイ)
  6. ただまっすぐに“言葉”を届けるRAY、まっすぐな“音楽”が詰まったAL『レイシング』をリリース!【インタビュー】

ただまっすぐに“言葉”を届けるRAY、まっすぐな“音楽”が詰まったAL『レイシング』をリリース!【インタビュー】

まっすぐな言葉をまっすぐに歌い届ける大阪出身のレゲエシンガーRAYがメジャー1stアルバム『レイシング』をリリース! レゲエ入門前の人からこれまでも支えてきてくれているファンまで楽しめる幅広い音楽性を感じさせる『レイシング』は、音を楽しむもよし、歌詞をじっくり読むもよし、今回UtaTenがインタビューしたこの記事を見る前と後で聞き方を変えて聞いてみるもよし!是非いろんな聞き方で何度も楽しんでみてください!

公開日:2017年9月21日 更新日:2017年9月29日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・レゲエシンガーRAYのメジャー1stアルバム『レイシング』
  2. ・差別に対する思いも歌われた『鼻歌』
  3. ・下積み時代に生まれた『YOU』
  4. ・ロックテイストを感じる『Yu know mi』と『NIGHT PLAYER』
  5. ・メジャーデビュー配信シングル『アイライフ』
  6. ・『AMBITION』から見るRAYの未来と過去
  7. ・最後に…
  8. ・プレゼント応募について
  9. ・RAY(レイ) 最新情報
  10. ・リリース情報
  11. ・配信情報
  12. ・ライブ情報
  13. ・RAY(レイ) Profile

レゲエシンガーRAYのメジャー1stアルバム『レイシング』



――メジャー1stアルバムのリリースとなりましたが、『レイシング』に持たせたテーマについて聞かせてください。

RAY:僕はレゲエシンガーなのでレゲエを根本に置きつつ、もっと世に広がりやすいような、レゲエ好きじゃない人も聴きやすい音楽も入れつつ、レゲエっていうものに引き込めるように“RAY”っていうジャンルを作ったつもりです。


――今回3曲先行配信曲が入ってるんですね。

RAY:そうですね。『I&I』とか、先行配信している曲ではないけど『YOU』っていう曲は昔から僕のこと知ってる人は知ってる曲で、音源として出ていなかった曲です。


――ロックやヒップホップを感じる楽曲もありましたが、RAYさんの音楽のルーツとしてレゲエ以外にあるジャンルは?


RAY:もともとシンガーソングライターを目指してて19とかコブクロ、ゆずを聴いていて、その後レゲエに行ったんで、そういったところも感じられるんじゃないかと思います。


――ロックを経由されていないのは意外でした。

RAY:ロックは、ふすま1枚の横の部屋で兄貴がガンガン聴いてたんで、むっちゃ聴いてましたね(笑)。


――お兄さんがいらっしゃるんですね!

RAY:3人兄弟です。一番上の兄貴が高校生の時にベースをやってたんですよ。


――音楽一家なんですね!

RAY:そうなんですよ、オトンも大学生から今もまだバンドやってて、400人くらいのキャパでワンマンライブやったりしてるんですよ(笑)。だからその影響もかなり強いですね。


――アーティストとして張り合うところとかあるんですか?

RAY:そんなことはないですね!オトンも趣味でやっているんで、ギターのコードはこっちのほうがいいっていうような会話は実家に住んでる時はありました。


――今の音楽活動についてお父さんからコメントは?

RAY:むっちゃ応援してくれてます!喜んでくれてて、それが僕も嬉しいです!


――RAYさんが歌詞を書く際に、どの曲にも共通して意識していることがあれば教えてください。

RAY:共感しやすい言葉選びですかね、あとは聞き取りやすい言葉。別に共感を狙いに行っているわけではないんですけど、同じ意味の言葉で迷った時は“そういうことね”ってなりやすい言葉を選びます。曲によっては韻のことしか考えないで書くこともあります。
基本、サビは口ずさみやすいようなメロディーを先に出してそれに合う歌詞。


――RAYさんの書く歌詞は自分を持っていてカッコイイです。その語彙はどのように培われてきたんでしょうか?

RAY:何でしょう…。語彙力はある方ではないと自分で思っているんで(笑)。でも、韻を考えた時に“こんな言葉あったよなぁ?”って思ったらすぐ辞書で調べます。


――なるほど!

RAY:よく調べたら思ってた意味と全然ちゃうってこともいっぱいありますね(笑)。歌詞書きながら言葉の勉強しています。


――RAYさんが曲を書き始めるきっかけについても聞かせてください。


RAY:一番良いのはふと思いついた時ですよね、『鼻歌』は「回る 地球は回る」っていうフレーズと「そんなに急いでるんならお先にどうぞ」っていうフレーズがパッと出てきたんです。日常のささいな出来事からそうやってできることもあるし、先にトラックが用意されてて、それに対して何を書こうかなって書き始めることもあります。


――トラックはRAYさんの方からどんなものが欲しいかリクエストすることも?

RAY:そういうこともありますし、「こんなんあるで」って送ってきてくれることもあります。


――では曲のどこから作り始めるのかっていうのは毎回違うんですね。

RAY:はい、全然違います。

次ページ : 曲のタイトルが『鼻歌』?

関西を中心に全国各地で精力的に活動する、大阪堺出身のレゲエ・シンガーRAY(レイ)。 父親の影響で幼少時代からギターを始め、学生時代にシンガーソングライターとして路上ライブをしていた経験を経て、レゲエ・シンガーに転身。耳に残るメロディーと真っ直ぐな歌詞が若い世代中心に話題となる。···

虹のコンキスタドールの熱い夏はまだ終わ…

yonigeがさよならと歌っているのは…