1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. X4
  6. X4、デビュー2周年!5人の個性が際立ってきた今だから送る『XTIME』のリリース!【インタビュー】

X4、デビュー2周年!5人の個性が際立ってきた今だから送る『XTIME』のリリース!【インタビュー】 (3/3)


KODAI作詞、大人の男性に向けた『月夜』



──では、KODAIさん作詞の『月夜』について伺っていきたいんですが、歌詞を書かれる時に意識したことは?

KODAI:曲を聴いた時に、この曲は男性に聞いて欲しいなと思ったんで、この歌詞を書きました。30歳くらいのサラリーマンの方とか。


──「グラス」とか「酔いまかせ」とか、お酒と恋を絡ませたのもそういう理由だったんですね。

KODAI:そうです!酔っ払った時に思い出す昔の恋人、みたいなところをクローズアップして、あなたの話をしている時はお酒に酔ってるのか、まだ恋をしてるのかっていうところを歌ってます。


──皆さんは『月夜』にどう言ったイメージを持たれましたか?

T-MAX:全然X4の曲って感じがしなくて、ソロとしてのKODAIが出てていいなぁって思いましたね!なかなか難しそうだし。

SHOTA:そうですね、KODAIくんじゃないと歌えないと思う。特にサビのメロディーなんかはすごく難しそうだし、KODAIくんの声に合ってるなって思います。


ファンがタイトルを決めた『君がいるから』



──YUYAさんが作詞をされた『君がいるから』ですが、曲をもらった時点からファンを想って書こうということは決めていらっしゃったんですか?

YUYA:そうですね!僕らがファンのみんなにいつも伝えてることだったり想っていることを僕が代表して歌詞にした感じで、曲調もそうですけど歌詞もわかりやすいものにしたかったのでそういう言葉選びをしたつもりですね。


──1つの音符に1文字ずつ詰めている感じが特徴的ですね。

YUYA:先にメロディーが存在していると歌詞を書く側はメロディーに合わせて歌詞を書いていかないといけないんですけど、確かにどうしても書きたい言葉があるとそのまま押し通すこともあるんですよね、だけど今回はそれがないようにしました。だから多分みんなも歌いやすいし、聴いても耳に入ってきやすいかなとは思います。


──特に譲れなかったフレーズや好きなフレーズはありますか?

KODAI:僕、2番のサビが好きなんですよ。「なんてことないかもしれないけど 特別なことじゃないけど 伝えてみるよ 上手く出来る 自信もないんだけど」って歌詞がめっちゃ好きで。



YUYA:おぉ、ありがとう!

KODAI:なんか、めっちゃ素直に伝えれてるっていうか。

YUYA:今KODAIが言ってくれたから僕もそこにします(笑)。自分で書いてるからいいとこって正直わかんなくなってくるんですよ(笑)。
面と向かって言うのは照れ臭いけど歌に乗せたら言えちゃうっていうことあるじゃないですか。角が立つようなことでもラップに乗せちゃうと許されちゃうとか。僕らは歌手やから、ある種そこで消化できている部分っていうのはあると思うんですよね。その中でもちょっと情けない部分まで見せているようなところですね。


──なるほど。

YUYA:あとは2番のBメロの「伝えられて初めて気付く 僕ともまるで違うのに」っていうところですかね。僕らってがむしゃらに走り続けてるんですけど、それを支えてくれてたり応援してくれている人たちっていうのは、自分たちががむしゃらすぎて気づいていないようなことまで見ていてくれたりとかするから、本当タイトル通り『君がいるから』って思うし、ファンのみんなからしてもそうだったりするのかなって思いますね。


メンバーのピックアップフレーズ!



──皆さんそれぞれ、収録曲の中から1箇所好きな部所を紹介してもらってもいいですか?

YUYA :僕『Attention Please』のリリックが面白いなと思ってて…「コップンカップ」。全体的に攻撃的でありながらもスルスルすり抜けていく感じが好きなんですけど、「コップンカップ」って斬新で面白いですよね、急にタイ!?みたいな(笑)。リアルに夢語ってる部分とずば抜けてフィクションみたいな部分があって面白いですよね、よくある“カネ掴んで 派手な車乗って”みたいなものとは違って。



T-MAX:僕は『最後の言葉』の「同じ道を歩いていた つもりだったのに いつの間にか 見てるものが それぞれ違っていた」が気に入っています。あー、すれ違っちゃったんだぁって情景が浮かぶとこです。

KODAI:僕は『三日月』です!最初の「泡沫 夜の訪れ 柔らかい月明かり」



YUYA:“泡沫”

KODAI:“泡沫”!!!っていうここのインパクトがすごくて。泡沫って言われた瞬間に情景見えてきますよね。

YUYA:かっこいいよね。

KODAI:「泡沫」って、日本人でもなかなか使わない絶滅危惧語みたいな。

YUYA:今回NHKの「アシガール」っていうドラマに出演させてもらっていて、時代劇なのでやっぱり現代では使わないような言葉ばっかりなんですよね。「泡沫」はそれでも言ったことないですね。


JUKIYA:僕は『Raindrop』の「一人足を止める交差点 ゆっくりと引き返す行くあてもないのに 浮かぶのは君の笑顔で」っていうRapフレーズが好きです!



KODAI:ありがとうございます

JUKIYA:交差点とか、そういうの出てくるんだ!みたいな。

KODAI:(笑)!

YUYA:交差点なんて言葉出てくるんだみたいな。

KODAI:オイオイオイオイ(笑)

YUYA:交差点知ってんのか!?こいつって(笑)?

JUKIYA:そこが“おぉ!”ってきましたね。僕にはない引き出しやなって。

全員:(爆笑)

KODAI:オイオイオイ〜(笑)。

YUYA:確かに、この人こんなこと書くんやっていうのは面白いよな。

JUKIYA:はい、僕にはない引き出しでした。

全員:(笑)

SHOTA:僕は『Attention Please』の「厨二病 笑」っていうところですね。この曲の色んなところで“うわ、すごっ!”って思うフレーズがあるんですけど、この言葉をリリーックで入れてくるってすごいなって特に思いました。だから2バース目に入った瞬間からこのフレーズ早く言いたくてたまらないです僕。

YUYA:ふざけてデカいこと言ってるけど、それだけじゃなくてガチやぞっていうようなことも言ってるからいいよね。「厨二病 笑」を最後に持ってくるこの夢オチ感みたいな。この曲を作ってくれているのは僕らの曲をインディーズ時代から手がけてくれている佐伯公介さんで、アーティストとしても活動している人なんです。


──天才的ですよね。

YUYA:面白いですね、言葉のチョイスが。でもしっかり韻も固く踏んでて。

T-MAX:毎回曲来るのが楽しみです。


──ありがとうございました。では、最後になりますが再度アルバムのプッシュとインタビューを見てくれた皆さんへの一言をお願いします!

KODAI:はい!僕ら10月4日に『XTIME』をリリースさせていただくんですが、今回のミニアルバムは歌詞の内容もしっかり伝えたいことが詰まりに詰まっているので、それも見ていただいて、X4の曲に触れていただいて、それを生で聴きに来て欲しいし、会いに来て頂けたらなと思います。このミニアルバムをきっかけにX4の事を好きになって頂けたらなと思っておりますので、是非みなさん!騙されたと思って!チェックしていただければと思います!よろしくお願いします!

全員:お願いします!



Photo 片山拓


プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
10/22 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


X4は、1990年5月24日生まれ兵庫県西宮市出身のYUYA(松下優也)・1992年5月2日生まれ大阪府出身のKODAI(吉田広大)・1991年7月8日生まれ京都府出身のT-MAX・1999年11月18日生まれ大阪府出身のJUKIYAからなる関西発のボーカル&ダンスグループで株式会社テイチクエンタテインメントに所属し、レーベ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

X4 最新情報

リリース情報

X4 ミニアルバム「CROSSROAD」
2018年12月19日(水)発売

「Coz I love you」MV



X4 Profile

2015年俳優としても活動する松下優也(YUYA)を中心にX4を結成。

2015年2月22日にリリースした1stAlbum「XVISION」がインディーズながらiTunesR&Bチャート1位を獲得。

結成わずか1ヶ月で全国20カ所をまわる1stTOUR【X4LIVETOUR2015‒XVISION-】を敢行。

ファイナルのTSUTAYAO-EASTはSOLDOUTになるなど、インディーズながらも驚異的なスピードで躍進を遂げ注目を集める。

2015年、テイチクエンタテインメント内にX4の専門レーベル「XVISION(エクスヴィジョン)」を立ち上げ、10月7日にシングル「KillingMe」でメジャーデビュー。その後も年間50本近いライブを全国で行うなど精力的に活動する。

2016年松下優也が俳優としてNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演、大きな話題になる。

近年、松下優也が俳優として数々のドラマ、舞台に出演し、KODAIもソロライブを開催、カラオケ番組出演、ミュージカル出演等個々でも活動の幅を広げている。

X4オフィシャルサイト

初めて朝帰りをした日。残ってるのは罪悪…

孤高のミュージシャン・中田裕二の濃密な…