1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. フジファブリック
  6. その胸のざわつきを、フジファブリック「赤黄色の金木犀」が代弁する。

【歌詞コラム】その胸のざわつきを、フジファブリック「赤黄色の金木犀」が代弁する。

このアーティストの関連記事をチェック

フジファブリック志村は何を考え生きてい…

フジファブリック「光あれ」はあなたの日…

亡き志村正彦は季節を大切にする男だった。彼はフジファブリックというバンドを結成し、メジャーデビューしてから立て続けに四枚のシングルを出した。その四枚はファンの間で「四季盤」と呼ばれる。春夏秋冬をモチーフとして曲が作られているからだ。今回取り上げるのはそんな四季盤の三作目、秋をモチーフとした「赤黄色の金木犀」だ。

公開日:2017年12月9日 更新日:2019年9月3日


この記事の目次 []
  1. ・フジファブリックの「赤黄色の金木犀」
  2. ・短い歌詞に込められた感情の揺らぎ
  3. ・志村正彦の天才的なセンスを感じる「赤黄色の金木犀」
  4. ・フジファブリック 最新情報
  5. ・配信情報
  6. ・フジファブリック Profile
「秋」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。我々凡人はおそらく紅葉、秋刀魚、コオロギなどを挙げてしまうだろう。

しかし志村正彦は金木犀で秋を表現しようと考えた。その時点で彼はやはり普通とは違っていた。

金木犀の花はその強烈な匂いで有名だ。毎年九月の終わり頃になるとどこからか漂ってくる香り。

不安を掻き立てるようなその香りを、誰もが一度は嗅いだことがあるはずだ。

匂いは記憶を呼び起こす。嗅覚ほど記憶と密接に結びついている感覚はない。もちろん視覚や聴覚がきっかけとなって蘇る思い出もある。

しかし懐かしい匂いを嗅いだ時に蘇る思い出は、それらよりもずっと色鮮やかで生々しい。

金木犀の香りは秋の記憶を呼び起こす。一年前この香りを嗅いでいた頃は何をしていたっけ、その前の年の今頃は何をしていたんだろう、と過去へ遡っていく。

そんな思索を志村正彦はこう綴った。

フジファブリックの「赤黄色の金木犀」



もしも過ぎ去りしあなたに
全て伝えられるのならば
それは叶えられないとしても
心の中準備をしていた


金木犀の香りに触発されて記憶を辿るうちに、思い出す人がいたのだろう。会わなくなって久しい人と、もしまた会ったら何を話すか。

昔のことを思い出していると、そんなどうでもいいことを考えてしまう。そしてサビへ続く。

短い歌詞に込められた感情の揺らぎ

赤黄色の金木犀の香りがしてたまらなくなって
何故か無駄に胸が騒いでしまう帰り道


過去の自分の姿が蘇り、その言動を懐かしく思ったり、恥ずかしく思ったりする。そんな気分の浮き沈みが、少ない言葉で見事に表現されている。

「胸が騒いでしまう帰り道」を経験しても、我々凡人はすぐにそれを忘れてしまう。次々に生まれては消える感情を留めておけない。

しかし志村正彦はそんな些細な情緒も見逃さなかった。感情の揺らぎを切り取って歌詞にした。そのおかげで我々は、忘れかけていた胸のざわつきを思い出すことができる。

そしておそらく志村正彦自身も、この曲を聴いて何かを思い出していたのだろう。

志村正彦の天才的なセンスを感じる「赤黄色の金木犀」

胸のざわつきは、歌詞だけでなく音によっても表現されている。最も印象的なのはサビに入る直前のコード(=和音)だ。なんとも不安定で複雑な響きをしている。

これはAm7(♭5)というコードであり、次なるA♭というコードに着地するための足掛かりとして機能している。あえて一度緊張を走らせた後にそれを緩和して、聴く人を惹きつける。

緊張と緩和は音楽に欠かせない要素であり、あらゆる曲に取り入れられているが、m7(♭5)をこんなにもうまく使った曲は他に類を見ない。

不安を掻き立てるようなm7(♭5)の響きと、同じく不安を煽るような金木犀の香りを結びつけたところに、志村正彦の天才的なセンスを感じる。



TEXT:安部孝晴

フジファブリックは、2001年に山梨県富士吉田市で、ボーカル&ギターの志村正彦を中心に結成された。当時は同郷の友人で結成。上京後、志村正彦以外の数度のメンバーチェンジを経て、2003~2004年にかけてギター山内総一郎、キーボード金澤ダイスケ、ベース加藤慎一、ドラム足立房文(2006年脱退)が···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

『LA・LA・LA LOVE SONG…

僕の嫌いな雪はまるで。戻れないあの日々…