1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. インタビュー
  5. Pile
  6. 【インタビュー】Pile シングル『BJ』で、大賭けの勝負を挑みたい。

【インタビュー】Pile シングル『BJ』で、大賭けの勝負を挑みたい。

このアーティストの関連記事をチェック

【10周年記念動画】Pile

【動画コメント】Pile 活動10周年…

声優で歌手のPileが自身の誕生日である5月2日に、最新シングル『BJ』をリリースした。同作は、アニメ『奴隷区 The Animation』のエンディングテーマ。ゴールデンウィーク中には、全国ツアー『Pile Birthday Party!!! 2018』も開催。人気のPileをここにキャッチした!!!

公開日:2018年5月2日 更新日:2018年9月20日

Interview

長澤智典


この記事の目次
  1. ・『BJ』は、「これぞPileな音楽」という印象を覚える楽曲。
  2. ・アニメ「奴隷区 The Animation」の世界観とも重なる歌。
  3. ・わたしは、「支配されてる風」に見えて、じつは「支配している側」
  4. ・楽しいライブの場の一つとして日本武道館があったこと。
  5. ・最近は余生を楽しんでいるくらいの気持ちです(笑)。
  6. ・どうPileを印象付けてゆくか。そのための勝負の1枚。
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・Pile 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・■ライブ情報■
  11. ・Pile Profile

『BJ』は、「これぞPileな音楽」という印象を覚える楽曲。



――最新シングル『BJ』の発売日が、誕生日当日の5月2日。本人としては、どんな気持ちですか??

Pile:偶然とはいえ、お誕生日にリリース出来るのは嬉しいですね。しかも、全国ツアー「Pile Birthday Party!!! 2018」の開催中であり、アニメ「奴隷区 The Animation」も4月の2週目から放送が始まり、みなさんの耳にも『BJ』が慣れ親しんだ時期に発売なのも、嬉しいことなんです。


――この『BJ』、とてもスリリングで格好いい楽曲ですよね。

Pile:けっこう、音で遊んでいますからね。


――Pileさん,初めて『BJ』を聴いたときはどんな印象でした??

Pile:「最近のPileのカラーらしい楽曲がまた来たな」という印象でした。


――シングル化になるPileさんの楽曲の場合、攻めな表情という印象が強いですからね。

Pile:それもタイアップのおかげと言いますか。嬉しいことに、これまでに発売したシングル曲すべてにタイアップを付けていただいてるんですけど。けっこう男の子向けのバトル系アニメが多いように、その手の作品のテーマ曲の場合、ロック寄りな楽曲を歌うことが多かったんですね。今回の『BJ』もその路線を踏襲したように、Pileファンたちの中では、「ぽい感じだね」「これぞPileな音楽」という印象を覚える曲じゃないかとわたし自身も受け止めています。


――Pileさん自身、ロック系は歌いやすい表情??

Pile:近年ロックな楽曲を多く歌ってきたように、歌いやすさは感じています。


アニメ「奴隷区 The Animation」の世界観とも重なる歌。

▼BJ 歌詞

――『BJ』は、かなり攻めな表情を持った楽曲。まさに、勝負を仕掛けてゆくに相応しい曲調だなと感じました。

Pile:『BJ』ってブラックジャックのことなんです。きっとみなさんも、歌詞を読んだ瞬間にわかると思いますけど(笑)。そこは「奴隷区 The Animation」にも繋がる面と言いますか。

「奴隷区 The Animation」の物語自体が、勝負の結果によって「支配する側」か「支配される側か」にまわる内容。『BJ』の歌詞は勝負ごとにおけるギリギリの戦いの様を描いていて、曲調はミステリアスながら疾走感を持っている楽曲で、アニメ「奴隷区 The Animation」の世界観とも重なるなという印象です。


――「奴隷区 The Animation」は、相手を支配するか、相手に支配されるかを描いた物語。けっこうヤバい匂いも漂っていません??

Pile:その勝負がじゃんけんのときもあればそうじゃない(ヘビーな)ときもあるように、そこも見どころなんです。わたしは「奴隷区 The Animation」に、声優としても参加させていただいてます。

ただし、毎週ではなくときどき参加のように、収録段階では全部の流れを観てきたわけではないのですが、それでも収録へ参加するたび「あっ、こういう展開になっていくんだ」とドキドキして、どんな風に物語が展開していくのかも毎回楽しみなんです。しかも、『BJ』のような曲調がエンディングというのもポイントですよね。

次ページ : わたしは、「支配されてる風」に見えて、じつは「支配している側」

Pile(本名:堀絵梨子)は、1988年5月2日生まれ東京都出身の歌手、声優。所属事務所はSPACEY MUSIC ENTERTAINMENT、レコードレーベはColourful Records。父親が日本人、母親が韓国人の日韓ハーフである。芸名の由来は、タオル生地のパイルから名付けられ、"暖かく包み込むような誰からも愛されるアー···

【歌う動画トップテン:5/7付】再生回…

【10周年記念動画】さとり少年団