1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. スガシカオ
  6. 非対称だからこそ意味を持つ。スガシカオの繊細さや感性から生み出される1曲、「アシンメトリ―」を読み解く。

非対称だからこそ意味を持つ。スガシカオの繊細さや感性から生み出される1曲、「アシンメトリ―」を読み解く。

スガシカオは長年、第一線で活躍しているアーティストだ。音楽を用いて、日常のささいなほろ苦さを品のあるセクシーさと共存させる。彼の繊細さや感性はその声を一聴すれば誰しもが気がつく。金属質のようでありながら心を震わせる不思議な声をしている。

2018年6月7日


この記事の目次
  1. ・スガシカオ「アシンメトリ―」
  2. ・非対称だからこそ意味を持つ歌詞
  3. ・スガシカオにしか出せない世界観
  4. ・スガシカオ 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・配信情報
  7. ・ツアー情報
  8. ・スガシカオ Profile
ファンクやソウルとポップスが混ざる絶妙な音楽性は他の模倣を許さない。多くの世代から愛されるスガシカオの音楽が素晴らしいのはもちろんだが、ミュージシャンとしても常に挑戦を忘れてはいない。想像できる未来を嫌う彼は2011年に所属事務所から独立を果たし、インディーズでの活動を始めたのだ。

その音楽に触れるとスガシカオは、そこらにいるミュージシャンとは一線を画すと理解できるはずだ。テレビなどで見かけるとひょうきん者でトークも面白い。明るい人というイメージを持ってしまうが、奥底に眠る繊細さは計り知れないはずだ。誰もが気づかないような感覚を持っているからこそ、スガシカオにしかできない曲ができるのだ。

スガシカオ「アシンメトリ―」

彼の名曲は数知れないが、今回は彼の大ヒットシングル「アシンメトリー」を紹介し唯一無二の世界を覗いてみよう。

「涙の色はきっと
 にぶいぼくには見えやしないから
 自分が思ってるよりも
 君は強い人間じゃないし
 抱きしめるぼくにしたって
 君と何もかわりなんてしない」


曲の構成がとても面白い。冒頭でサビのメロディを二小節分歌い、何事もなかったかのようにスムーズに曲へと入っていく。一度聞けば頭から離れないサビのメロディの性質を見事に生かしている。

ファンク調の同曲は決して音数が多いと言えないが、その心地よさは抜群だ。無駄な音は一つもなくボーカルの声が一直線にリスナーへと届く。こういったところに計算され尽くしたスガシカオの稀有なセンスがうかがえる。

非対称だからこそ意味を持つ歌詞

「半分に割った赤いリンゴの
 イビツな方をぼくがもらうよ
 二人はそれでたいがいうまくいく」


同曲は決して難しい詩ではないが、「半分に割ったリンゴのイビツな方をぼくがもらうよ」という部分には驚かされる。リンゴを半分に割ったのだから、片方がイビツだともう片方もイビツになってしまうという事実に気づいただろうか。

非対称を意味する「アシンメトリー」というタイトルをつけたのも、非対称だからこそ意味を持つとスガシカオが考えているからなのかもしれない。対称はどちらにも差異がない。それは、誰にも気づかれず存在の意義を失ってしまう可能性もある。同曲の歌詞にあるようにイビツだからこそ、対称ではないからこそ「たいがいうまくいく」のだろう。

スガシカオにしか出せない世界観

「きっとぼくらの明日なんて
 ヤミでも光でもなく
 そこにぼくと君がいるだけで
 いつでも心の色なんて
 にじんでぼやけてしまうから
 そう…だから何度も
 ぼくは言葉で確かめる」


スガシカオの詩の世界は綺麗だとは言えず、少し薄情で鬱屈としている。しかし、彼の独特な声によって響きわたれば、その詩は魅惑的な優美さを備える。それは紛れもなく彼の個性であり、リスナーは不確実で怪しげなスガシカオの世界へと羽ばたける。

やはり、スガシカオの音楽を創れるのはスガシカオしかいない。音楽は比較するものではないが、彼が頭ひとつ飛び抜けていることは言うまでもない。スガシカオだけが持つ世界観からはいつまで経っても抜け出せそうもない。

TEXT:笹谷創(http://sasaworks1990.hatenablog.com/)

スガシカオ 最新情報

リリース情報

スガ シカオ
「LIVE BOOTLEG 3 Hitori Sugar Tour 2018」
スガ シカオ OFFICIAL GOODS ONLINE SHOP限定で販売中→https://fan-goods.jp/sugashikao/
公式海賊版CD
NCS-921 / \ 1,296+税(税込\1,400)
※在庫終了次第、予告なく販売は終了致しますのでご注意ください。

2018年1月15(月)よりスタートしたHitori Sugar Tour 2018より初日のクラブチッタ川崎、二日目のSOUND SHOWER ark静岡の公演の模様を生収録し、WEB通販で緊急リリース。「LIVE BOOTLEG THE LAST」に続くスガ シカオ公式海賊版第三弾。

■収録曲 
1. 斜陽
2. 真夜中の虹
3. 海賊と黒い海
4. トワイライト★トワイライト
5. 19才

■主な仕様
・ 紙ジャケ仕様 
・ LIVE BOOTLEG 3 Hitori Sugar Tour 2018ポスター(折り込み入れ/裏面:歌詞付き)
・ Hitori Sugar Tour 2018ステッカー


配信情報

スガ シカオ
Digital New Song
「トワイライト★トワイライト」

(三井アウトレットパーク 2017歳末&2018新春セールCMソング)
iTunes Store、レコチョクほか主要配信サイト、Apple Musicほか
主要サブスクリプションサービスで配信中!
https://jvcmusic.lnk.to/sugashikao_twilighttwilight


ツアー情報

<「SUGA SHIKAO Hitori Sugar 2018」>
2018年1月15日(月) 神奈川 CLUB CITTA' 開場/開演 18:00/19:00 ※終了
2018年1月21日(日) 静岡 SOUNDSHOWER ark 開場/開演 16:30/17:00 ※終了
2018年1月23日(火) 名古屋 ボトムライン 開場/開演 18:00/19:00 ※終了
2018年1月25日(木) 松阪 M'AXA 開場/開演 18:30/19:00 ※終了
2018年1月26日(金) 岐阜 Club-G 開場/開演 18:30/19:00 ※終了
2018年1月28日(日) 金沢 EIGHT HALL 開場/開演 16:30/17:00 ※終了
2018年2月1日(木) 高崎 club FLEEZ 開場/開演 18:30/19:00 ※終了
2018年2月2日(金) 新潟 LOTS 開場/開演 18:30/19:00 ※終了
2018年2月9日(金) 水戸 ライトハウス 開場/開演 18:30/19:00 ※終了
2018年2月11日(日・祝) 熊本 B.9 V1 開場/開演 16:30/17:00 ※終了
2018年2月12日(月・休) 長崎 DRUM Be-7 開場/開演 16:30/17:00 ※終了
2018年2月14日(水) 福岡 DRUM LOGOS 開場/開演 18:30/19:00 ※終了
2018年2月16日(金) 鹿児島 CAPARVO HALL 開場/開演 18:30/19:00 ※終了
2018年2月18日(日) 那覇 ナムラホール 開場/開演 16:30/17:00 ※終了
2018年2月26日(月) 中野サンプラザ 開場/開演 18:30/19:00
2018年3月2日(金) 周南 rising-hall 開場/開演 18:30/19:00
2018年3月4日(日) 岡山 YEBISU YA PRO 開場/開演 16:30/17:00
2018年3月9日(金) 青森 Quarter 開場/開演 18:30/19:00
2018年3月10日(土) 郡山 Hip Shot JAPAN 開場/開演 16:30/17:00
2018年3月18日(日) 広島 BLUE LIVE 開場/開演 16:30/17:00
2018年3月21日(水・祝) 松山 W studio RED 開場/開演 16:30/17:00
2018年3月22日(木) 高松 festhalle 開場/開演 18:30/19:00
2018年3月24日(土) 高知 CARAVAN SARY 開場/開演 16:30/17:00
2018年3月25日(日) 神戸 VARIT. 開場/開演 16:30/17:00
2018年3月29日(木) 甲府 CONVICTION 開場/開演 18:30/19:00
2018年3月31日(土) 長野 CLUB JUNK BOX 開場/開演 16:30/17:00
2018年4月1日(日) 福井 CHOP 開場/開演 16:30/17:00
2018年4月4日(水) 米子 AZTiC laughs 開場/開演 18:30/19:00
2018年4月6日(金) 京都 磔磔 開場/開演 18:30/19:00
2018年4月7日(土) 和歌山 GATE 開場/開演 16:30/17:00
2018年4月11日(水) 函館 金森ホール 開場/開演 18:30/19:00
2018年4月12日(木) 札幌 ペニーレーン24 開場/開演 18:30/19:00
2018年4月19日(木) なんばハッチ 開場/開演 18:00/19:00

スガシカオ Profile

11997年2月26日、「ヒットチャートをかけぬけろ」でデビュー。1stアルバム『Clover』以降、全てのオリジナルアルバムがオリコンTOP10入りを記録。2011年、所属事務所からの独立を発表、メジャー/インディーズの枠組みに捉われない独自の活動を行ってきたが、2014年、シングル「アストライド/LIFE」でメジャーフィールドに完全復帰。2016年にはデビュー20周年イヤーに突入、周年企画として、6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』を1月にリリース。 そして、6月には自身がボーカルを務めるバンドk?kuaを再始動させ、1stアルバム『Progress』をリリース、昨年2017年には集大成イベントとなる「スガフェス!」をさいたまスーパーアリーナ・大阪城ホールで成功させ、初のアジアサーキットも大盛況にて終幕させた。

<オフィシャルサイト>
スガ シカオ オフィシャルHP:http://www.sugashikao.jp/
「SUGA SHIKAO Hitori Sugar 2018」特設サイト:http://www.sugashikao.jp/hitorisugar_2018/

【10周年記念動画】alom

【ライブレポート】DaizyStrip…