1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. back number
  6. 大不正解で開いたback numberの新境地とは?

【歌詞コラム】大不正解で開いたback numberの新境地とは

back numberは今やバンドやロックという縛りを超えて幅広い層に人気のアーティストだ。人気俳優が主演のドラマや映画の主題歌は当たり前だし、女子高生が好きな歌手ランキングの上位にもいる。ここまで彼らがJ-POP層から支持される理由は、やはり独自の恋愛ソングだろう。

2018年10月25日


この記事の目次
  1. ・back numberといえば…?
  2. ・際立つ"強さ"の存在感
  3. ・”弱さ”を隠し作り上げた新境地の楽曲
  4. ・back number 最新情報
  5. ・最新リリース情報
  6. ・ツアーライブ情報
  7. ・back number Profile

back numberといえば…?

back numberといえばラブソング"というくらい、ヒットした楽曲はどれも女々しい男性の恋の歌ばかりである。

全楽曲の作詞を手がけるボーカル清水依与吏。彼が綴る歌詞は、女性目線の描き方も的を得ていて、誰もが心底を見透かされたような気持ちになる程に、共感できる曲ばかり。

しかし、そんなback numberはこの夏、世間のイメージを崩しにかかるようなシングルをリリースした。その名も「大不正解」。

ここ数年、恋愛系統作品のタイアップが続いていたback numberだが、今作は「映画 銀魂2 ~掟は破るためにこそある~」の主題歌となり話題を集めた。

豪華な俳優陣が数多く出演する映画といっても、少年漫画の実写版のタイアップである。これまでとは異なる、この「大不正解」という楽曲は、back numberの新境地を開く1曲となった。


際立つ"強さ"の存在感

----------------
安い化けの皮を
噛み付き合い 剥ぎ取り合って
互いを見付けて来たんだろう

補い合うのなんざご免なんだ
さぁ好きに踊ろうぜ
≪大不正解 歌詞より抜粋≫
----------------

この「大不正解」の歌詞の主人公は、今までのback numberの主人公たちと比べて圧倒的な強さがある。“安い化けの皮を噛み付き合い剥ぎ取る”のような表現は、過去の楽曲では考えられない程に激しくて、男らしい。

はっきり言ってしまおう、汚い表現だ。とてもじゃないが、今まで異性への感情をうまく表せず苦しんでいた主人公と同一人物とは思えない。

しかし、この歌詞を見たときわかった。「大不正解」は現時点のback numberと重ねて書いた1曲なのだ。

2018年はback numberにとって節目の年だった。なぜなら、彼らの最大キャパシティーとなる初の三大ドームツアーを行ったからだ。

ドームツアーは、バンドにとって1つの目標地点であり、今後ますます名前を広げていく上でも重要な機会である。

そしてこれは、かつて、自身の失恋をきっかけに清水依与吏がスタートさせた小さな音楽が、今や日本中に届くような大きな音楽へと確立したことの証明にもなる。

バンド人生の中でもターニングポイントとなるようなツアー真っ最中にリリースされるこのシングルの存在が、バンドにとってどれほど大切であるかは最も本人たちが承知であっただろう。

そう考えてみると、back numberはこの1枚にこれまでの自身を詰め込んだ上で、新しい世界を開いていこうとしたのだ。

このことは次の歌詞からも読み取れる。



”弱さ”を隠し作り上げた新境地の楽曲

----------------
背中合わせ 槍の雨
道連れ 泥舟 大アタリ
地獄の果てでもとは言ったけど
本当に連れて来んなよ
≪大不正解 歌詞より抜粋≫
----------------

現在大の売れっ子の彼らでも、ここまでの道のりは決して甘くはなかった。槍の雨のような辛い出来事や泥舟に乗るような不安なんて当たり前だったのかもしれない。

あれだけカッコ良いサビを歌っているのに、ここでの主人公が少し泥臭く感じるのは、そんなback numberらしさが表れているからなのだ。

自信がなくて、本当は仲間に縋りたくてたまらないような思いが伝わってくる、この少しのカッコ悪さこそが清水依与吏なのである。

色々な試練を泥臭く乗り越えた上で勝ち誇る主人公をback numberらしいと純粋に思えるのは、まさに自身のバンドが同じような過程を乗り越えて現在に至っているから。

今作は間違いなくback numberの視野を広げ、新しい層のファンを獲得しただろう。

そう「大不正解」は、back numberがこれまでと変わらない”弱さ”を隠して作り上げた新境地の楽曲なのだ。


【コラム】“本当の幸せ”とは何か。back numberの「瞬き」が教えてくれた。



TEXT:もりしま

back number 最新情報

最新リリース情報

2019年2月27日(水) リリース!
back number 20th single
『HAPPY BIRTHDAY』


★初回限定盤
価格:1,800円 (税抜)
商品番号:UMCK-9989 
内容:CD+DVD
※三方背BOX仕様


★通常盤
価格:1,000円 (税抜)
商品番号:UMCK-5668
内容:CD

【収録内容】
[CD収録]
01. HAPPY BIRTHDAY 
02. エキシビジョンデスマッチ
03. ジャスティスインザボックス
04. HAPPY BIRTHDAY (instrumental)
05. エキシビジョンデスマッチ(instrumental) 
06. ジャスティスインザボックス(instrumental)

[DVD]※初回限定盤のみ
・『HAPPY BIRTHDAY』music video、making of studio recording & music video & photo session、
・『back number dome tour2018 "stay with you"』digest movie

▷『HAPPY BIRTHDAY』特設HP




●ドラマ「初めて恋をした日に読む話」概要
TBS系 火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」
2019年1月15日(火) よる10時スタート

[あらすじ]
東大受験の失敗をキッカケに人生なにもかも上手くいかない、しくじり鈍感女子。 そんな彼女の気付かぬところで、人生を変えてしまうような ドキドキでキュンキュンな驚きの出来事が…!? 主人公を巡るタイプ違いの3人の男たち… この冬一番のラブストーリーをお届けする!!

[出演者]
深田恭子、永山絢斗、横浜流星、中村倫也、髙橋 洋、永田崇人、堀家一希、櫻井圭佑、若林拓也、石丸謙二郎、鶴見辰吾、安達祐実、皆川猿時、生瀬勝久、檀 ふみ

▷ドラマ「初めて恋をした日に読む話」公式HP

ツアーライブ情報

●back number tour 2019

【2019年】
4月20日(土) / 4月21日(日)
会場:静岡 静岡エコパアリーナ

4月27日(土) / 4月28日(日)
会場:岩手 盛岡タカヤアリーナ

5月03日(金・祝) / 5月04日(土)
会場:長野 長野ビッグハット

5月18日(土) / 5月19日(日)
会場:新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

5月25日(土) / 5月26日(日)
会場:北海道 北海道立総合体育センター北海きたえーる

6月01日(土) / 6月02日(日)
会場:埼玉 さいたまスーパーアリーナ

6月08日(土) / 6月09日(日)
会場:大分 別府ビーコンプラザ コンベンションホール

6月22日(土) / 6月23日(日)
会場:広島 広島グリーンアリーナ

6月29日(土) / 6月30日(日)
会場:愛媛 愛媛県武道館

7月06日(土) / 7月07日(日)
会場:神奈川 横浜アリーナ

7月20日(土) / 7月21日(日)
会場:三重 三重県営サンアリーナ

7月25日(木) / 7月26日(金)
会場:東京 日本武道館

8月03日(土) / 8月04日(日)
会場:和歌山 和歌山ビッグホエール

8月10日(土) / 8月11日(日・祝)
会場:福井 サンドーム福井

8月17日(土) / 8月18日(日)
会場:宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ

8月23日(金) / 8月24日(土)
会場:大阪 大阪城ホール

8月31日(土) / 9月01日(日)
会場:福岡 マリンメッセ福岡

9月20日(金) / 9月21日(土)
会場:沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟

▷back number ツアー特設サイト

back number Profile

Vocal & Guitar : 清水依与吏 (シミズイヨリ)
Bass : 小島和也 (コジマカズヤ)
Drums : 栗原寿 (クリハラヒサシ)

2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。2009年2月18日に1stミニアルバム『逃した魚』、2010年6月1stフルアルバム『あとのまつり』をリリース。

2011年4月6日にシングル『はなびら』でメジャーデビュー。6月22日リリースの2ndシングル『花束』は全国FMのパワープレイ、番組のエンディングテーマ等含めて73個を獲得、10月に3rdシングル『思い出せなくなるその日まで』、メジャー初となるオリジナルアルバム『スーパースター』を立て続けにリリース。

2012年には『恋』『日曜日』『わたがし』『青い春』の4枚のシングルをリリース。『日曜日』はHBC・TBS系ドラマ「スープカレー」、『青い春』はCX系ドラマ「高校入試」の主題歌にも起用され、さらに大きな注目を集めた。

11月にそれらのシングル曲を収録した3rdアルバム『blues』をリリース、その後の全国ツアーは17ヵ所19公演が全て即日完売、さらに2013年9月7日に行われた初の日本武道館公演も即日完売となり大成功を収めた。

2014年、8thシングル『高嶺の花子さん』(2013年6月リリース)、9thシングル『fish』(2014年2月リリース)、そして10thシングル『繋いだ手から』(2014年3月リリース)を含むニューアルバム『ラブストーリー』を3月26日にリリース。5月からはそのアルバムを引っさげた初の全国ホールツアー「love stories tour 2014」(20ヵ所21公演)を開催し全て即完、追加公演の横浜アリーナ2DAYS、大阪城ホールも即日完売となり大成功を収めた。

2015年1月に発売されたシングル『ヒロイン』はJR SKISKIのCMソングに、5月に発売された『SISTER』は大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーターCMソング、8月に発売された『手紙』はNTTドコモ CMソング、11月に発売された『クリスマスソング』はフジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん〜」主題歌に起用され大ヒットを記録、

その後5枚目のオリジナルアルバム『シャンデリア』はオリコンウィークリーチャート2週連続1位を獲得した。

2016年1月にスタートした26ヶ所27公演のホールツアー、さらに6月から追加を含めて6ヶ所12公演のアリーナツアーは全箇所即日ソールドアウト。

5月に発売されたシングル『僕の名前を』は映画「オオカミ少女と黒王子」主題歌となりiTunesウィークリーチャート1位を獲得、11月発売シングル『ハッピーエンド』は映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌として話題を集めた。12月28日には自身初のベストアルバム『アンコール』をリリースし、70万枚を越える大ヒットを記録。

2017年2月から自身最大規模の全国アリーナツアー“All Our Yesterdays Tour 2017”で30万人を動員し、12月には映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」主題歌の『瞬き』をリリース。2018年7月から初の東名阪ドームツアーがスタート全公演即日完売で大成功をおさめる。

ツアー中の8月には映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」主題歌の『大不正解』を、11月にTBS系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の主題歌『オールドファッション』をリリース。

▷back number オフィシャルHP

D-51ってやっぱり良い!15周年のア…

【インタビュー】小西真奈美「それでも進…