1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. あいみょん
  6. あいみょん「とりあえずアレ下さい」、疲れた心を潤す『今夜このまま』

【歌詞コラム】あいみょん「とりあえずアレ下さい」、疲れた心を潤す『今夜このまま』

このアーティストの関連記事をチェック

ロックを聴かない君に知って欲しかったこ…

あいみょんから今を生きる全ての人へ贈る…

ドラマ「獣になれない私たち」の主題歌である、あいみょんの『今夜このまま』。ドラマの世界観に寄り添いながら、あいみょんらしさの1つでもある“ちょっと官能的”な表現がスパイス的に散りばめられている。

公開日:2018年12月11日 更新日:2019年7月9日


この記事の目次
  1. ・頑張りすぎちゃう人の心を満たす
  2. ・今夜このまま
  3. ・とりあえずビールがあればどうにかなる?
  4. ・いくらあっても満たされる事のない幸せ
  5. ・自分に素直でいたら見える人物像
  6. ・あいみょん Profile

頑張りすぎちゃう人の心を満たす


そんな、あいみょんの『今夜このまま』は、仕事や恋愛において本当の自分を隠して理想を演じすぎている、疲れ果てた女子の「癒されたい!!もう無理!!」という心の叫びをちょうどよく描いている。

「自分」を偽ってガマンしてガマンして。本当の自分を諦めながら生きる。そんな風に日々、小さく殺されて行く。心の代償は、なんだろう?そして、その死んだ心を絶対的に癒してくれるものは何だろう??

ヒントは「とりあえずアレ下さい」の「アレ」!

今夜このまま


----------------
広いようで狭いようなこの場所は
言いたい事も喉に詰まる
体が帰りたいと嘆く
「いかないで」って
叫んでくれる人がいればなぁ
≪今夜このまま 歌詞より抜粋≫
----------------

社会人も板について、仕事をする自分が一日のほとんどを占めるのが当たり前になる頃。

学生時代には、心の繋がりを求めた人間関係だって、仕事の付き合いとなればビジネスライクに変わる。その日を気持ち良く過ごせる様に、入りすぎない距離で品位を保つ。

その心の距離を思えば、広い気のするこの場所は人口密度が高め。デスクとデスクの間も狭め。広いようで狭いような、この場所とは会社の事。

本当に会社って疲れる場所。だって仕事は否応なく山積みで体は酷使をする。けれどやらなきゃ、生活は出来ない。おまけに一見さらっと見せてる人間関係も、実は裏でギラギラ見られて何言われてるかわからない。

そうなれば、言いたい事だってグッと飲み込む。なんなら、お給料は日々のストレスに払われてるんじゃないか。なんて、思い出したら心がやられてる証拠。その負担は体にだって出る。毎朝、会社に行かない理由が欲しくなる。

「いかないで」って誰か叫んでくれたら。会社は休める。欠勤理由「いかないでって叫ばれたから」。

とりあえずビールがあればどうにかなる?


----------------
抜け出せない
抜けきれない
よくある話じゃ終われない
簡単に冷める気もないから
とりあえずアレ下さい
≪今夜このまま 歌詞より抜粋≫
----------------

こんな疲れた毎日だけど、どうにか頑張れるのは、恋人の存在があるから!って、パターンよくあるはずだ。でも、その恋人との関係もなんか、どこか不自然で居心地が良くない。

けど、恋人って存在はある意味の武器。仕事に追われていても、疲れていても「私はお一人様じゃないの!ちゃんと恋してるんです!」って、仕事も恋も理想の完璧な私でいられるもの。

それに、理想の私で在り続ければ、相手に難があったって、きっと私を選んでくれるって思うものだ。だから、難がある恋人でも時間を費やせる。その結果が、“長すぎた春”なんて「よくある話じゃ終われない」のだ。

仕事も恋も本当の私も殺されて、“心に自由がない!甘えるなんてもってのほか”。それでも「簡単に冷める気もないから」。でも、疲れた。自由になりたい、素直になりたい。

心のジレンマを解放するのは、頑張りすぎている仕事でも、難ありを薄目で回避する恋でもない。

「とりあえずアレ下さい」この、魔法の一言で差し出される、冷たい黄金色の飲み物。一口呑めばたちまち、抑えていた言葉達が「ん〜〜!!んまい!」って幸せの声に変わる。魔法の飲み物 "アレ" しかない。

その魔法の飲み物は"ビール"!理想の自分を演じる事に疲れた心を、潤し癒すのは“ビール”なのだ。

「今夜このまま」の世界観は、獣になれないわたしたちのストーリーに寄り添っているわけだが、ドラマの中でのキーポイントにも“クラフトビール”が出てくる。ビールってお酒を嗜むとき、必ずこう頼むではないか。“とりあえずビール”って。それって“とりあえずビールがあれば大丈夫(どうにかなる)”って意味だ。

いくらあっても満たされる事のない幸せ


----------------
そんなに多くはいらないから
幸せの横棒ひとつくらいで
満たされたい 満たしてみたい
乱されたい 会いたい
いつかの誰かに
≪今夜このまま 歌詞より抜粋≫
----------------

ビールって、たいがい1〜2杯くらいで次の口当たりの滑らかなお酒に取って代わられるけど。絶対的に、ビールが与える幸福感ってある。最初の一口の爽快感を楽しみに、その日一日頑張れる。一口呑めばその日あったどんな事でも、幸せに変えちゃうくらいのパワーがある。

そんなにたくさん呑まなくても、最初の一口で、もう満たされちゃう。幸せも同じ。ひとくち目のビールみたいに、想う幸せにちょっと触れたら。

そう、例えるなら8画ぜんぶ棒で出来た「幸せ」って漢字の中の横棒、4つ。その中のたった1つ。よくばり過ぎない程度で。その幸せをじっくりじっくり味わえれば理想的。だけど、それじゃあ足らないのが本当のところ。

「満たされたい」「満たしてみたい」、ビールだったら「おかわり」。ここが、この歌の一番大事なところ。毎日、理想の私を演じる。本当の自分が小さく殺されていく日々。その代償は、いくらあっても満たされる事のない幸せ。

満たされない幸せって全然、良い事がない。人生の責任まで、とってはくれない会社に終わらない苦しみの中で賞賛されたって、結局それは理想の私が賞賛されただけで。本当の私は満たされる事はない。

美人だ!仕事ができる!って、例え会社に愛されて婚約指輪のごとく、昇進を言い渡されても。まさか会社に「乱されたい」とも「会いたい」とも思うわけがない。

それなら、理想なんて脱ぎ捨てて。心を潤す一番美味しいのが、ひとくちだけじゃ足らないって。素直に幸せのおかわりをすればいい。女だからって、控える必要まるでなし。いいんです!今の恋人じゃなくたって。


フワフワほろ酔い。いい気分の心に「いつかの誰か」が浮かんで。「乱されたい」「会いたい」って幸せ求めちゃうくらい。呑んだって!酔ったって!その本心がむき出しになる。それが何より大事なんだから。

でも、自分らしくとか。正直に生きようとか。それこそが正義!みたいに言われるけど、実際のところは。仕事を円滑に進める為に“理想”でいるのは大事な事だ。社会人のたしなみでもある。

理想の存在であるがゆえに、苦しみは終わらないし体も心も悲鳴をあげるけど。それも、生きる為にはどうにかしていかなくちゃとも思うし。

じゃあ、いつ。獣のみたいに本能をむき出しにしたら良いんだろう。

自分に素直でいたら見える人物像


----------------
消えない想いは
軽く火照らせて飛ばして
指先から始まる何かに期待して
≪今夜このまま 歌詞より抜粋≫
----------------

ほろ酔いの時って、好きな人に無性に逢いたくなったり好きな人の声、聞きたくなったりする事ってあると思う。その想いをお酒のせいにしないで、ゆっくり向き合って始まるかもしれないって、思う未来とは別の未来を期待してみるって大事。

外に向けて、理想を崩して本能をむき出しにはしづらいなら、自分の心に本能をむき出しにすればいい。そうして、自分に素直に自由でいられたら、必ずこう想う夜がやってくる。

----------------
誰かの腕の中で
甘い夢を見ながら
眠れたらなぁ
≪今夜このまま 歌詞より抜粋≫
----------------

テーブルに着いたら、鞄を置くように。偽りも理想も、自分からちょっと離して。

素直に、お酒の魔法に心を任せた時。ふんわり浮かぶのは、誰だろう?それは絶対に本能レベルで大事にしたい人!そして、幸せな甘い夢を見せてくれる人。

TEXT 後藤 かなこ

あいみょんは1995年3月6日生まれ兵庫県西宮市出身の女性シンガーソングライター。アーティスト名である”あいみょん”は友達に付けられたあだ名である。祖母や音楽業界で勤務していた父の影響により中学生の頃から作詞作曲を始める。所属事務所はエンズエンターテイメント、所属レーベルはWARNER MUSI···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

冬に聴きたい、ラブソングだけが詰まった…

今週の1位は、禁断の恋を描くあのドラマ…