1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 松任谷由実
  6. ユーミンの「ルージュの伝言」は、実はちょっぴり怖い歌詞だった

【歌詞コラム】ユーミンの名曲!「ルージュの伝言」のちょっぴり怖い歌詞

いわずと知れた大物歌手、松任谷由実。ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」の完結編となる、自薦によるベストアルバム「ユーミンからの、恋のうた。」がリリースされたのも記憶に新しい。

2018年12月16日

Column

毛布


この記事の目次
  1. ・松任谷由実「ルージュの伝言」
  2. ・リアルに想像するとおぞましく怖い歌詞
  3. ・これぞユーミンマジック
  4. ・松任谷由実 最新情報
  5. ・イベント情報
  6. ・松任谷由実 Profile
ひと昔前から「恋愛の教祖」として崇められてきた彼女だが、平成生まれ以降の若い人には、「ジブリの曲」としての認知度が高いようだ。

1989年に公開されたジブリ映画、「魔女の宅急便」では、オープニングに「ルージュの伝言」、エンディングに「やさしさに包まれたなら」が起用され、映画のシンボルマークとなっている。

主人公のキキが親元を離れて旅立ったあと、ホウキで空を飛びながらラジオのボタンを押すと流れてくるのがこの歌詞である。

松任谷由実「ルージュの伝言」



あのひとのママに会うために
今、ひとり列車に乗ったの
たそがれせまる街並みや車の流れ
横目で追い越して


恋人の浮気が発覚し、母親に会いに行く女性。ウキウキするようなリズムに乗せて、キキがこれから向かうような、都会的な街に暮らす大人の女性の雰囲気が連想される。

この曲の歌詞、主人公のキキの、こちらが少し照れくさくなるくらいの清純さとは一線を画しており、ともすれば映画に合わないのではないかとも思うのだが、実際、ユーミンはこの映画に合わせて曲を書いていない。

ジブリ側から主題歌の依頼をされたものの、頼まれてから一年間も曲を作らず、しびれを切らしたジブリ側がユーミンの曲のなかから選曲したのだそうだ。

その選曲が功を奏し、映画にぴったりとはまる主題歌が生まれたのだ。

リアルに想像するとおぞましく怖い歌詞

あのひとはもう気づくころよ
バスルームにルージュの伝言
浮気な恋をはやくあきらめないかぎり
家には帰らない


有名なこの部分の歌詞、リアルに想像すると怖くないだろうか。バスルームの鏡に、口紅で書かれた伝言。

「しばらく留守にします。」とか書かれていたんだろうか。

でもそれだとなんだか置手紙みたいだし、シンプルに、「浮気者!」とでも書かれていたのかもしれない。

それを発見した男性の気持ちたるや。

これぞユーミンマジック

この部分の怖さを皮肉っているのが、シンガーソングライター吉澤嘉代子の「化粧落とし」という楽曲である。

いつもかけていたユーミン洒落て
車にルージュの伝言残したら 警察沙汰


口紅で書かれたルージュの伝言。それを発見した男性はさぞ怖かったのだろう、警察を呼んでしまった。

車の窓に書いている点、ルージュの伝言がどういったものかわからない点が本家とは異なるが、「ルージュの伝言」は、そのオシャレな言葉の響きに反して、実体は女性の怨念がつまったおそろしいメッセージなのである。

そんなおそろしい浮気の仕返しが、ユーミンの手にかかれば、揺れる乙女心を描いた都会的でおしゃれな曲に昇華されてしまっているのだから、さすがとしか言いようがない。


TEXT:毛布

松任谷由実 最新情報

イベント情報

●松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.39

公演日:全8公演
2月4日(月) 5日(火) 8日(金) 9日(土)
12日(火) 13日(水) 16日(土) 18日(金)

時間:開場20:30/開演21:00
会場:苗場プリンスホテル ブリザーディウム

▷松任谷由実 OFFICIAL HP




●Ghana presents松任谷由実
TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years

[追加公演決定]
5月10日(金)
時間:開場17:30/開演18:30
長野ビッグハット(追加公演)

5月11日(土)
時間:開場17:00/開演18:00
長野ビッグハット(追加公演)

5月15日(水)
時間:開場17:30/開演18:30
日本武道館(追加公演)

5月16日(木)
時間:開場17:30/開演18:30
日本武道館(追加公演)

▷詳しくはこち

●「アサヒ 十六茶」 CM 「十六茶家族」編
▷CMの動画はこちら




●Ghana presents松任谷由実
TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years

【2019年】
3月6日(水) 日本武道館 
3月7日(木) 日本武道館 
3月9日(土) 日本武道館 
3月10日(日) 日本武道館 
3月12日(火) 日本武道館 
3月13日(水) 日本武道館 

3月17日(日) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
3月23日(土) サンドーム福井
3月24日(日) サンドーム福井(追加公演)
3月30日(土) マリンメッセ福岡
3月31日(日) マリンメッセ福岡

4月6日(土) 横浜アリーナ
4月7日(日) 横浜アリーナ
4月16日(火) 大阪城ホール(追加公演)
4月24日(水) 幕張メッセ イベントホール(追加公演)

5月10日(金) 長野ビッグハット(追加公演)
5月11日(土) 長野ビッグハット(追加公演)
5月15日(水) 日本武道館(追加公演)
5月16日(木) 日本武道館(追加公演)

松任谷由実 Profile

1954年生まれ。シンガーソングライター。

1972年、多摩美術大学在学中にシングル『返事はいらない』で荒井由実としてデビュー。以降、“ユーミン”の愛称で親しまれ、J-POPシーンの女性トップランナーとして、それぞれの時代に、『ひこうき雲』『やさしさに包まれたなら』『あの日にかえりたい』『恋人がサンタクロース』

『守ってあげたい』『真夏の夜の夢』『Hello,my friend』『リフレインが叫んでる』『春よ、来い』『ダンスのように抱き寄せたい』等、数えきれないほど多くの名曲を残す。

オリジナルアルバムは、荒井由実、松任谷由実時代とあわせて、これまでに全38作品を発表。また、コンサートにおいても日本のエンターテイメントを牽引すべく数々の名パフォーマンスを敢行。なかでも99年から行われた「SHANGRILA」3シリーズは革新的なステージを生み出した。

2012年11月20日に40周年を記念したベストアルバム『日本の恋と、ユーミンと。』(オリコンアルバムランキング1位獲得)を発売し、前人未到の5年代連続首位を達成。更に、ソロアーティスト並びに女性アーティストとして史上初のアルバム総売上3,000万枚突破を達成。同アルバムはミリオンセラーを記録し、日本が誇るポップスの代表作として、今まだなおロングセラーを継続中。

2016年11月2日に通算38作目となる最新作、オリジナルアルバム『宇宙図書館』をリリース。(オリコンアルバムランキング1位獲得) 同年11月18日神奈川・よこすか芸術劇場を皮切りに、2017年9月まで42都市80公演、自己最長、最多本数の超ロングランツアーを完走。

デビュー45周年にあたる今年、2018年4月11日、ベストアルバム二部作完結編として『ユーミンからの、恋のうた。』をリリース。
9月からは、2006年開催の「THE LAST WEDNESDAY TOUR 2006 〜HERE COMES THE WAVE〜」以来、12年振りのアリーナツアー、「Ghana presents松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years」14会場29公演の開催が決定。

数々の伝説の名場面が蘇る、まるでタイムマシーンに乗ったようなステージを構想中。70年代より音楽シーンのトップを走り続け、45年間のキャリアの実績を持つ、ユーミンしか出来ない最新のエンターテイメントに乞うご期待。




【レギュラープログラム】

・毎週金曜日 11:00-11:30
▷TOKYO FM 「Yuming Chord」

・毎月第3、もしくは第4金曜日 22:00-24:00
▷ニッポン放送「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」

・毎週金曜日 11:00更新
▷「Uso Radio インターネットラジオ 松任谷由実はじめました」

【オフィシャル情報】
▷松任谷由実 OFFICIAL HP
▷Twitter
▷Facebook
▷Instagram
▷UNIVERSAL MUSIC JAPAN 松任谷由実

ついに再始動!「Needs」(ニーズ)…

26時のマスカレイドが、好きな人に捧げ…