1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. WANIMA
  6. WANIMAの徹底解説 開催しまぁ~す!!

頑張るあなたに元気を直送! WANIMAの解説、開催しまぁ~す!

「開催しま~す!」という掛け声とともに始まるライブ、そして心にまっすぐ届くようなメッセージ、笑顔が印象的なバンド「WANIMA」。すでにご存知の方も多いとは思いますが、彼らの魅力や押さえておきたい名曲についてご紹介いたします!

公開日:2019年1月2日 更新日:2019年2月5日


この記事の目次 []
  1. ・荒んだ心に、一筋の光を。
  2. ・絶賛ブレイク中!WANIMAって?
  3. ・青春パンクロック再来!?
  4. ・結成はなんと2010年!
  5. ・心が生き返る!必聴ソングをご紹介します。
  6. ・やってみよう
  7. ・ともに
  8. ・シグナル
  9. ・いいから
  10. ・終わりに
  11. ・歌詞の意味を紐解く!WANIMAの歌詞コラム
  12. ・注目の新曲「ANSER」

荒んだ心に、一筋の光を。

学校、友情、部活……何かに一生懸命になっていた時代なんて、今は昔。

現代は目の前の仕事や日々の忙しさに追われ、疲労がたまるばかり。

終いには音楽を聴くことも恋をする機会も少なくなり、心の動きも鈍くなりつつあるーー。

そんな荒みきった方にこそ聞いていただきたいのが、今回ご紹介する「WANIMA」です!
真っ直ぐな歌詞、淀みのないサウンド、キラキラの笑顔。

三拍子揃った彼らの曲には、疲れた心を蘇らせるような不思議な力があります。
聞けばきっと、もう一度何かに一生懸命になりたくなるはず。

なんとなく倦怠感を抱えているみなさん、必聴です!


絶賛ブレイク中!WANIMAって?

青春パンクロック再来!?

可愛らしいアイドルや、おしゃれなバンドで溢れる2010年代。
そんな中で、一際真っ直ぐなメッセージを投げかけるバンドが現れました。

それが、熊本出身の「WANIMA」です!
メンバーはKENTA(Vo&Ba)、KO-SHIN(Gi)、FUJI(Dr)の3人。

パッと見のビジュアルはレゲエアーティストっぽくもありますが、それは見た目だけ。

数十年前の青春パンクブームを彷彿とさせるような熱いメッセージを届けてくれます!

ちなみに、バンド名は造語。
旧メンバーを含めたバンドメンバーの頭文字を取ったものだそうです。

結成はなんと2010年!

そのクオリティの高さから長年活動しているかと思いきや…結成は2010年!
活動開始からまだ8年しか立たないのです。

とはいえ、今の活躍は下積み時代があってのもの。

高校卒業後、家族を残して上京したKENTAと自衛隊を辞めて上京したKO-SHIN。

「後戻りできない」という強い思いを胸にバンド活動をしていたそう。

そしてそこにFUJIが加わり、現在のWANIMAが完成します。

そんな彼らのブレイクのきっかけを作ったのは、Hi-STANDARDのギターでもある横山健さん!

WANIMAの才能に注目した横山さんが、自身のツアーにWANIMAを招待。

そして見事にツアーを成功させたことをきっかけに、自身が代表を務めるレーベル「PIZZA OF DEATH」でマネジメント契約を結んだのです。

その後リリースしたミニアルバム「Can Not Behaved!!」が爆発的ヒット。

様々なタイアップを受けたこともあり、世間からも注目が集まります。
やがて様々なフェスに出演するなどさらに露出が増え、2017年は紅白歌合戦にも出演。

人気は衰えることなく、現在に至ります。


【WANIMA ライブレポート】「みんなで笑って、ともに歌おう!」Everybody!! Tour幕張公演2日目


心が生き返る!必聴ソングをご紹介します。

やってみよう

童謡「ピクニック」を大胆にサンプリングした一曲。au三太郎シリーズのCMソングとしても採用されていました。



原曲の童謡よりいいのでは……!?と思わず思ってしまうような前向きな歌詞がなんとも魅力的。

特に下記の冒頭部分。

----------------
正しいより 楽しい
正しいより 面白い
やりたかったこと やってみよう
失敗も思い出
≪やってみよう 歌詞より抜粋≫
----------------

大人になると気持ちよりも損得で行動することが増えますからね。

おまけに失敗が怖くなって冒険もできなくなりますし。

日本中の大人と会社の上司に聞いてほしい一曲です。

ともに

こちらは花王8×4のCMソングにも起用されるほどの青春ソング。

「ともに」というタイトルにも象徴されるように、友人に向けられた応援歌です。




一緒に成長してきた間柄だからこそのメッセージに胸が熱くなりますね。

----------------
涙こらえ笑って生きてる 崩れそうになりながら毎日びびってる
疲れ果てるまで繰り返す きっと ずっと
≪ともに 歌詞より抜粋≫
----------------

……なんという包容力。

強い部分も、弱い部分を隠して戦う姿もわかってくれている友人。
素晴らしい。

自分の友人を思い浮かべながら聞いても、
戦う自分を応援してくれている友人を妄想しながら聞いても、染みます。(笑)

シグナル

NHK主催の「18祭」のために作られた曲。

番組に応募してきた6000人の18歳を思いを元に作られました。




何に対しても多感な18歳。

揺らぐ気持ちや、それでも前を向いていたいと希望が絶妙に描かれていますね。

特に注目していただきたいのは下記の部分。

----------------
不確かなまま はじまる今日は
変わらない いつも通り
顔を洗って 鏡の前 また苦笑い
≪シグナル 歌詞より抜粋≫
----------------

おそらく朝のワンシーンですよね。

人生に対する倦怠感、打破できない自分への失望。

18歳からインスピレーションを受けたという曲ですが、社会人でも共感できます。

----------------
いつの間にか
時は流れ 空の下で
今 何が見える?
涙拭って 鏡の前 ほら元通り
大人になって子どもに戻って
さぁ思い通り
まだ今は未完成でいい
≪シグナル 歌詞より抜粋≫
----------------

上記の部分は特に社会人のみなさんに響くかもしれません。

18歳モヤモヤって、別に大人になったからって晴れるものではないですし。

むしろ晴れずに大人になったことにまた別のモヤモヤが生まれたりして。

でもそんな社会人に対しても、「まだ未完成でいい」と背中を押してくれています。

会社の上司はそんな優しくないですからね。

辛くなった時はこの曲で元気出してください。(笑)

いいから

こちらは上記でご紹介した曲とはだいぶ違う、ハレンチな大人ソング。
歌詞から察してください。(笑)

----------------
いいから気持ち良くするから 誰にも言わない内緒にするから
その体つきはアジアの奇跡 行き先 底なし沼の入り口
≪いいから 歌詞より抜粋≫
----------------

歌詞の意味はともかく、ライブやフェスでは非常に盛り上がる一曲。

特にサビの「Wow~♪」の部分はみんなで大合唱です!

全体的にノリのいいサウンドでもあるので、踊り狂う人も続出します。(笑)

家族で聞くのには向かない曲ですが……要チェックです☆

終わりに



以上、絶賛大ブレイク中のWANIMAについてご紹介いたしました。

彼らの活躍は未だ止まることを知らず……。
新曲「アゲイン」は、2019年1月から始まるTBSのドラマ「メゾン・ド・ボス」の主題歌に決定!

これでますますWANIMAの存在が注目されること間違いありません。

それに伴い露出も増えることでしょうから、要チェックです。

また、彼らはCD音源だけでなくライブも魅力的。
特にKENTAをはじめとするメンバーの笑顔は心が洗われます!

遠方にお住いの方、まずはYoutubeからどうぞ。

そして機会があればぜひライブに足を運んでみてくださいね。

TEXT ゆとりーな

歌詞の意味を紐解く!WANIMAの歌詞コラム

おじいちゃん、ありがとう…WANIMA「1106」が伝える感謝の気持ち。

注目の新曲「ANSER」

3月6日には新シングル「Good job!」の発売が決定しているWANIMA。このシングルに収録されている楽曲「ANSWER」は、森永製菓のCM曲起用されています。

さらに、WANIMAメンバーも出演しているとのこと。ほんのわずかではあるけれど、新曲も流れているので要チェックです!
「ANSWER」の動画を見る


KENTA、KO-SHIN FUJI。2010年結成。東京都在住熊本県出身3ピースロックバンド。 2014年10月に1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』でデビュー。軒並み大型音楽フェスへの出演を果たし、いくつもの入場規制を記録。 2015年11月に1stフルアルバム『Are You Coming?』をリリース。オリコンデイ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

2018年に多く見られたボカロ歌詞ラン…

ラブライブシリーズ9周年!一番輝く声優…