1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. COLOR CREATION
  6. COLOR CREATIONが送るTikTokの次なるヒット曲!

【インタビュー】COLOR CREATIONが送るTikTokの次なるヒット曲!

COLOR CREATIONが2月20日に3rdシングル『Let it snow 〜会いたくて〜』をリリース。 本記事では『Let it snow 〜会いたくて〜』のミュージックビデオに関する裏話や、カップリング曲『Magic!』の歌詞に隠された"赤"、さらにはメンバーの"理想の男像"についても語っていただきました!

2019年2月16日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・浮気男の正体を暴く!
  2. ・年末年始のセンター街でLet it snow !
  3. ・アブラカダブラって知ってる?
  4. ・カラクリの理想の男性像…
  5. ・ライブでタオルを振り回せ!
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・COLOR CREATION 最新情報
  8. ・■アルバム情報
  9. ・■COLOR CREATION 全国5大都市ツアー情報
  10. ・COLOR CREATION Profile
  11. ・■プロフィール

浮気男の正体を暴く!


──本作2度目のインタビューになりますが、よろしくお願いいたします!『Let it snow 〜会いたくて〜』の MVも見ました!!

全員:よろしくお願いします!

KAZ:前回の取材は、まだMVが解禁される前でしたね!

---
▼前回インタビュー
まだまだ引き出しいっぱいのカラクリが新曲の冬ソンで魅せた新境地!
---


──はい、MVすごく良かったです!主人公2人のラインのやり取りがリアルで、ありがちすぎてめっちゃ笑いました(笑)

KAZ:ありがちで、リアルですよね!


──大体浮気している男ってああいう言い方するんですよね、本当に(笑)。

KAZ:あの文もみんなで考えて、“これがリアルだよね!”と盛り上がりました。(笑)


──あれ、素質あります(笑)!?

YUUTO:あれはKAZが考えました(笑)!

TAKUYA:(笑)。ここの「!」はリアルじゃないとか、そういう意見は出し合いました。

TAKUYA:あれは最悪だ。


──MVでもそうでしたけど、私の統計学的にはこっちから責めたときとか、浮気がバレそうになった時に、「何で?」って聞き返してくる男って絶対確信犯!!

KAZ:あぁ〜ダメ男に引っかかってきたんですね(笑)。


──そうなんですよ(笑) 。あるあるだなぁと思って見ちゃいました。経験ある女性は特に共感とか感情移入しやすいと思う。

全員:(笑)

KAZ:今回男性側の気持ちを歌っている曲だけど、女性目線でミュージックビデオの物語が進んでいるので!
その点いつもと違うMVになりましたし、マーシュ彩さんに出演してもらい、あれだけドラマ仕立てにするMVもなかったし、雪を降らせるというところも切なさが増しています!

TAKUYA:あれは1つの曲の解釈の仕方であって、それぞれ色々な聴き方で聴いてほしいです。


──ケンカした後に女の子の方が「もういいよ」って言っちゃうシーンも結構共感出来る女子は多いんじゃないかと。特に若い時ほどそうな気がしますし。

KAZ:この曲自体もどちらかと言うと、初恋に近いことを思い出すような楽曲なのかなと思います。

初恋と言っても本気で相手を好きになるような、高校卒業したての19歳くらいの恋愛というイメージが僕の中にあったので、ミュージックビデオの世界観もそういう感じになったと思います。


──前回のインタビューでも話しましたけど、このくらいリアルに描写しないとウソっぽくなりますもんね、いいところだけ切り取っても。

KAZ:そうですね。楽曲の中で、「傷つき 傷つけた」という歌詞もありそれもリアルというか、自分が傷ついただけではなく、傷つけたということもちゃんと書いてあって、ミュージックビデオにもそんなシーンが出てるから良かったと思います。


年末年始のセンター街でLet it snow !

──配信リリースから少し経ちましたけど、個人的にもこの冬の間ずっと『Let it snow 〜会いたくて〜』が頭の中で流れてました。きっとみんなにとってもこの冬のお供になったことかと思います!

全員:ありがとうございます!!

RIOSKE:嬉しい〜!!

KAZ:嬉しいことに『Let it snow 〜会いたくて〜』は12月26日から1月8日までセンター街で流れていたんですよ!しかもエンドレスリピートで!

RIOSKE:この前渋谷に行って、流れているの聴いて本当に感動しました!

渋谷のセンター街で自分たちの曲が流れていることが嬉しかったです!
それに僕たちのファンじゃない高校生の女の子2人が、曲に合わせて揺れながら手を組んで歩いてたんです!
僕たちのファンではなくても何かが伝わる曲なんだなと、すごく嬉しかったです。

JUNPEI:肩トントンして、「これ俺やで!」って言ったらしいです。(笑)


──ウソ!?(笑)

RIOSKE:言ってない言ってない(笑)!

KAZ:「俺、本物本物!握手握手!」って(笑)

RIOSKE:握手はしてないですけど、結構大きめに口パクしました。(笑)

JUNPEI:気づかれようとしてるやん(笑)!

KAZ:僕は友達と行った時、声大きめに言いました(笑)。その前に何人か気づいてくれていました!


──すごい、街中で気づかれるってもうスターじゃないですか!

KAZ:この間電車でも気づいてもらえた感じがしました!

RIOSKE:僕も朝の移動で電車に乗り込んだら目の前に居た子がファンの方でした。「あー、RIOSKEくん!」って言われて、「オハヨー、何してるのー?」という感じでした(笑)。


──ある意味、というか本当の意味でファンとの距離が近い(笑)。

JUNPEI:僕近所でファンの子見かけたことあります!

TAKUYA:ヤバッ(笑)!


──ファンの顔、しっかり覚えてくれているんですね!

全員:もちろんです!
次ページ : アブラカダブラ?

三代目JSBが『RAINBOW』を通し…

GFRIENDのバレンタインチョコ手渡…