1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. miwa
  6. 平成史上、大人気死神漫画BLEACH。数々の名OP&本編終了後の物語!

【特集】平成史上、大人気死神漫画BLEACH。数々の名OP&本編終了後の物語!

2004年に始まり、ワンピースやナルトに続くジャンプの三大看板作品としてアニメでも屈指の人気を誇った「BLEACH」を知らない人はいないのではないでしょうか?この記事では、その「BLEACH」本編の魅力や屈指のOP、本編終了後の「BLEACH」について説明します。

公開日:2019年4月29日 更新日:2019年4月29日


この記事の目次
  1. ・「BLEACH」とは?
  2. ・見る人を魅了する戦闘シーン
  3. ・OPテーマ、miwa『change』
  4. ・『change』/ miwa
  5. ・他にも多くの有名アーティストが歌う
  6. ・「BLEACH」連載終了後も卍解!
  7. ・平成アニメおすすめ記事
  8. ・miwa 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・タイアップ情報
  11. ・miwa Profile
TOP画像引用元 (Amazon)

「BLEACH」とは?


画像引用元 (Amazon)

久保帯人さんが執筆し2001年~2016年の15年間連載された大人気少年漫画「BLEACH」は、平成で最も人気があった死神漫画といって間違いない圧倒的人気を誇った漫画作品でした。

第50回の小学館漫画賞を受賞した他、作品の世界累計発行部数は1億2000万部超えしています。

日本人口が2016年時点で約1億2700万人ということなのですから、それに届こうとしている累計発行部数がいかにすごいかわかりますよね。

主人公は15歳の喧嘩の強い高校一年生、黒崎一護であり、霊が見えたり、その霊と人間と同じように会話することまでできてしまうという特異体質の持ち主です。

そんな彼がある日、ニュースで謎の巨大災害の情報をキャッチし、交通事故で亡くなった少女の霊を心配して駆けつけたところ、他の人間たちには見えていない謎の巨大生物「虚」(ホロウ)とそれを狩る死神、朽木ルキアと遭遇。

主人公、黒崎一護は家族を守るために死神となることを決意し、死神世界の戦いに巻き込まれていく、という物語になっております。

見る人を魅了する戦闘シーン

主人公の強い正義感や他の登場人物たちの個性、キャラクターたちの掛け合いのユーモアさなどもとても魅力的ですが、BLEACHにおける魅力の一番は戦闘シーンであると思われます。

創意工夫からまさかの大逆転を生む面白さ、刀と刀によって繰り広げられる剣戟、想いと想いがぶつかる総力戦など、とにかく少年たちが興奮してやまないようなシーンがてんこ盛りに詰め込まれているのが「BLEACH」という作品です。

刀好きにはたまりませんし、ストーリー面でもどんな方にも一度は目を通していただきたい平成傑作のひとつですので、みなさんもぜひご覧になってみてください。

ちなみに「BLEACH」というタイトルの単語の意味には、知らない人はビックリされるかもしれませんが、「漂白」や「脱色」といった意味があります。

どうして死神=ダーク(黒)なのに、「漂白」という意味を持った単語をタイトルに採用したのかというと、「真っ白にすることで、より黒を際立たせるため」だそうです。

OPテーマ、miwa『change』


さて、そんなBLEACHは大人気作品だったということもあり、2004年10月から2012年3月まで放送しており、実に7年以上もアニメ放送されていたということになります。

その放送期間で流されたOP・EDはアニメ版だけでも45個以上!!

劇場版や劇中歌を入れるともっと増える上、どれも名アーティスト&名曲ぞろいということもあり、その中から一つOP・EDを選んで紹介するというのは非常に悩みましたが、「BLEACH」の主題歌人気ランキングにて、(※映画主題歌を除き)最も人気のあったmiwa『change』をご紹介させていただきたいと思います。

『change』は、第266話から第291話のOPテーマとなっており、作詞・作曲・歌をmiwaが、編曲をNaoki-Tが担当しております。

Miwaは、特徴的な歌声と彼女の感性から生まれる独特の曲調と歌詞が合わさることで生まれるmiwaワールドがとても魅力的です。(※筆者、めちゃファンです!『change』に限らず、楽曲いつでも脳内再生可能)

こちらの楽曲『change』もmiwaワールド全開でありながら、戦闘や再終幕の盛り上がっている物語に沿った非常にヒートアップする歌詞&曲調となっております。

それではmiwaで『change』の歌詞の一部をご覧ください。

『change』/ miwa


----------------
chAngE なびかない 流されないよ
今感じることに 素直でいたいの
chAngE 何度でも 生まれ変わるの
悲しみも抱きしめて 走り出すよ

タノシイ裏切りにあって とらわれない私がここにいるの
足りない 尽きない なんだって もっと 歪ませてよ
パターン化したこんな世界じゃ 自分が誰なのか分からなくなる
枠にはまりたくないわ 決めつけないでよ
≪chAngE 歌詞より抜粋≫
----------------

「change」=変わる、ということがテーマとなっており、「なびかない 流されないよ」「何度でも 生まれ変わるの」「悲しみも抱きしめて 走り出すよ」など、辛い状況の中を自分を信じて自分を曲げず、他の枠にはまらずに「生まれ変わるぐらいのエネルギー」で乗り越えてやる、という強くて熱い思いが込められた楽曲となっております。

またこれは個人的な見解となるかもしれませんが、続く歌詞もそうあるように、miwaの楽曲で特徴的なのは、楽曲の中に主人公が必ず強く存在することです。

しかも、自分が本当にその主人公そのものになりきったような歌詞として組み立て、歌っており、特にヒートアップしたこの楽曲などでは強い心の叫びなどが描かれている印象があります。

「変わって乗り越え」「新たなステージへ進む」という熱い思いが込められたこの楽曲は、BLEACHの最終版の最高潮の盛り上がりを迎えるストーリーにとてもマッチしていますよね。

『channge』は、超絶おすすめの一曲です!!

他にも多くの有名アーティストが歌う


もちろんBLEACHには、他にもおすすめな楽曲はたくさんあり、特にYUIの『Rolling star』、Aqua Timezの『Velonica』、第一話からの最序盤の主題歌であるORANGE RANGEの『*〜アスタリスク〜』など、どれも本当に曲単品での完成度が、爆弾レベルでものすごい名作ばかりですので、ひとまず、上にあげた三作品と一緒にmiwaの『change』をご視聴していただきたいです。

また、BLEACHは主題歌の多くがオリコンシングルチャートの上位に入っていることで有名で、エンディングテーマも同様に上位に入る大人気をえることが多いです。

UVERworldやユンナ、HOME MADE 家族、SunSet Swish、Lil'B、ステレオポニーなど、BLEACHの主題歌を担当したことをきっかけに人気に火が付いた方々も非常に多いです。

本当、今見てみるとあまりにも豪華すぎる主題歌陣です。

「BLEACH」連載終了後も卍解!


画像引用元 (Amazon)

15年もの間、あの大人気漫画雑誌ジャンプの三大看板の一つとして活躍してきた「BLEACH」ですが、実は、連載終了後も様々な活動が行われていたことを皆さんご存知でしょうか?

まず、これ松原真琴先生が執筆したBLEACHのノベライズ「BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU」が2016年の12月27日に発売されていたんです。

なんとこちらはBLEACHの後日談であり、ルキアと恋次の結婚式をめぐるストーリーらしいですよ!ファンとしてはむっちゃくちゃ気になりますよね!読むっきゃないです!!

同じノベライズとして、人気ライトノベル「バッカーノ」や「デュラララ!」の作者である成田良悟先生が「BLEACH Spirits Are Forever With You I」を始めとする、計三作品のBLEACHノベライズを執筆。成田良悟先生という腕のある作家ですから、面白いこと間違いなしです!

そして、一番の大目玉は2018年7月20日より公開されていた実写映画版の「BLEACH」です。

もちろん、実写映画化と言うのは賛否両論あること間違いないでしょうが、今までBLEACHに興味のなかった人も見に来るチャンスになるということや、さらなる知名度のアップにつながったことは間違いないでしょう。

もちろん出演者は豪華で、黒崎一護役を福士蒼汰、朽木ルキアを杉咲花など、実写映画ももう一つのBLEACHとしてよく出来上がっている作品ですので、とてもおすすめです。

現在、BLEACHにこれからの動きがあるかどうかはいまいち入手できませんが、あれだけ人気があった作品ですので、完全になんの動きもないことはないでしょう。ファンの皆様はぜひ、これからも『BLEACH』、そして久保帯人先生のまずますの活躍をお楽しみにしてください。

平成アニメおすすめ記事

平成アニメには、大ヒットした名作や隠れた傑作がまだまだたくさん存在します!

以下のリンク記事をご覧になることもできますので、ぜひ皆さんもご一読してみてください。

【特集】「人間関係」に切り込む!やはり俺の青春ラブコメは間違っているだろうか?

【特集】平成アニメの大傑作!RE:ゼロから始める異世界生活が最高すぎ!

(なんと上記二つのアニメは、それぞれ俺ガイルが三期、RE:ゼロが二期制作決定!平成傑作アニメの続きの物語を、皆さんぜひお見逃しなく!)

TEXT ゆっちん先生

生年月日:1990年6月15日 出身地:葉山生まれ東京育ち 15歳の頃よりオリジナル曲を作り始め、下北沢のライブハウスや路上での活動を経て、 2010年3月に「don't cry anymore」でデビュー。 翌2011年4月に発売されたファーストアルバム「guitarissimo」で平成生まれのシンガーソングライ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

miwa 最新情報

リリース情報

●2019年8月14日(水)リリース
miwa New Single 『リブート』


★初回盤A
価格:¥1,600(tax込み)
品番:SRCL-11235 ~36
内容:CD+DVD


★初回盤B
価格:¥1,600(tax込み)
品番:SRCL-11237~38
内容:CD+DVD


★通常盤初仕様
価格:¥1,600(tax込み)
品番:SRCL-11239
内容:CD only

【CD収録曲】※初回盤A収録曲
01. リブート
02. すべて捨てても
03. タイトル
04. リブート(Instrumental)

【DVD収録内容】
01. リブート  -music video-
02. タイトル -music video-

【CD収録曲】※初回盤B収録曲
01. リブート
02. すべて捨てても
03. RUN FUN RUN
04. リブート(Instrumental)

【DVD収録内容】
01. リブート  -music video-
02. RUN FUN RUN -music video-

【CD収録曲】※通常盤収録曲
01. リブート
02. すべて捨てても
03. タイトル
04. RUN FUN RUN
05. リブート(Instrumental)

購入URL
SONY MUSIC SHOP
▷購入はこちら

●2019年6月26日(水)リリース
miwa『miwa concert tour 2018-2019 “miwa THE BEST”』(ソニー・ミュージックレコーズ)

★通常盤(初回仕様限定) ※Blu-ray
価格:¥8,900(税込)
品番:SRXL-201~202
内容:Blu-ray + CD

★通常盤(初回仕様限定) ※DVD
価格:¥8,400(税込)
品番:SRBL-1847~1849
内容:2DVD + CD

※初回仕様:プレイパス封入


購入URL
SONY MUSIC SHOP
▷購入はこちら

miwa 『RUN FUN RUN』 配信
楽曲DL&サブスクリプションリンクはこちら
https://smr.lnk.to/miwaRFR

タイアップ情報

「リブート」・・・TBS系 金曜ドラマ「凪のお暇」主題歌
「タイトル」・・・日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」のエンディングテーマ
「RUN FUN RUN」・・・「名古屋ウィメンズマラソン2019」公式応援ソング

miwa Profile

15歳の頃SHERYL CROWやCarole King等の女性シンガーソングライターの影響を受けオリジナル曲を作り始める。
自宅で弾き語りしたデモテープを手にライブハウスへ飛び込みで出演をブッキング、ライブ活動をスタートさせる。
下北沢のライブハウスでの演奏する姿が関係者の目にとまり、デビューに向けて本格的な楽曲制作に入る。

2010年、大学一年の3月にシングル「don't cry anymore」でデビュー、順調にリリースを重ね、
翌2011年4月にファーストアルバム「guitarissimo」リリース、
オリコンアルバムチャート1位を獲得する(平成生まれのシンガーソングライターとして初)。

2012年にはシングル「ヒカリヘ」が大ヒット、大学卒業と同時に初の日本武道館公演を開催する。

2013年には第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、2014年3月には渋谷エッグマンから紅白でのNHKホールを経て渋谷公園通り界隈のホールを制覇することになる代々木第一体育館ワンマン2DAYSを「渋谷物語~完~」と名付け開催、大成功を収める。

同年8月には自身2度目の1位を記録したサードアルバム「Delight」が第4回「ミュージック・ジャケット大賞2014」の大賞を受賞。

2015年3月、女性アーティストでは史上初となる「ギター1 本弾き語り・日本武道館公演2DAYS」を大成功させる。

2016年、全国10万人の小中高校生が参加する日本最大規模の合唱コンクール「NHK全国学校音楽コンクール課題曲」(中学校の部)の作詞曲を担当。
「結 -ゆい-」をリリース。

同年4年連続でNHK 紅白歌合戦への出場を果たす。

10代からリクエストを募ると必ず上位に名前が挙がる、時代をつむぐ女性シンガーソングライター。

▷miwa公式サイト
▷Instagram (@miwa_official_38)
▷Twitter (@miwastaff)

幸せは全部スピッツの歌の中にある!珠玉…

懐かしくて新しい!彼らだけのロックを鳴…