1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. ホラーアドベンチャー殺戮の天使。歪んだ少女と青年の絆に号泣必至!

【特集】ホラーアドベンチャー殺戮の天使。歪んだ少女と青年の絆に号泣必至!

ホラーアニメやゲームは数あれど、殺戮の天使ほど主人公たちに感情移入してしまう感動ホラーはほかにない!この記事では、レイチェルとザックの歪んでいながらも強い絆の魅力、EDテーマのがまさしくレイチェル自身を歌っていることなど詳しく解説します。

公開日:2019年8月4日 更新日:2019年8月4日


この記事の目次
  1. ・殺戮の天使とは?
  2. ・『さつてん』OPテーマ「Vital」
  3. ・オープニングテーマ「Vital」
  4. ・EDテーマ レイチェルが歌う 「Pray」
  5. ・エンディングテーマ「Pray」
  6. ・バーチャルYouTuber、キャシー!?
  7. ・平成アニメおすすめ記事
TOP画像引用元 (Amazon)


殺戮の天使とは?

2018年の7月から9月まで放送されていたホラーアドベンチャーアニメ『殺戮の天使』をみなさんご存知でしょうか?

もとは、「電ファミニコゲームマガジン」と呼ばれるゲーム配信サイトにて、2015年の8月から2016年2月まで連載されていた探索型ホラーゲームが元となっている作品であり、ほかにも漫画や小説などのメディアミックスでも10代の女性を中心に人気を獲得しています。

主人公は、アル中で暴力をふるう父親と精神疾患となっている母親のもとで育った少女レイチェル。

その壮絶な環境ゆえに狂気を持っており。かわいがっていた犬を殺して糸と針で縫って自分のものとしたり、自身で殺した父親を、母親の死体と縫い付けて一つにしてあげるなどかなりの狂気の持ち主でした。

その後、殺人鬼のザックと出会い、ザックが「レイチェルを殺すこと」、レイチェルが「ザックに殺されること」を互いに誓い合って地上を目指してビルからの脱出を試みます。

地上を目指す二人の前には、ダニエル・ディケンズという狂ったレイチェルの主治医を自称する男や様々なしかけが立ちはだかり、レイチェルとザックは様々な葛藤や悩みを抱えつつ、それらに冷静沈着に立ち向かっていく、という元がゲームなので当然といえば当然かもしれませんが、ダンジョン謎解きゲームのようなストーリーが展開されていきます。

殺人鬼のその謎解き要素がこのアニメのおもしろさなのはもちろん、レイチェルだけでなくザックにも殺人鬼となった過去の理由が存在し、人間ドラマも熱くて主人公二人が殺人鬼なのにとても感情移入してしまう魅力的なキャラクター性があります。

殺人鬼として狂っている二人の会話は、狂っているのにお互いを認め合っているようなやさしさがある一方、やっぱり狂っているところは狂っていて聞いているだけで楽しくなってくるような掛け合いがたくさん聞けます。

まだまだ認知度は低いかもしれませんが、狂気系がとても苦手な人でない限りは本当にはまってしまうとてもおもしろいホラーアニメが『殺戮の天使』ですので、ぜひ皆さんも一度はご覧になってザクレイの微笑ましくもどこか危ういやりとりの数々、感動とほっこりとした温かさ、そして熱い思いを感じてください。



『さつてん』OPテーマ「Vital」

画像引用元 (Amazon)


主人公たち二人の魅力がたまらない『殺戮の天使』ですが、主題歌もとってもいい楽曲なんです。
まず紹介するのは、遠藤正明が歌うOPテーマの「Vital」。

この曲の魅力はなんといっても、「殺人鬼!」とびっくりマークをつけたくなるぐらいにテーマが「殺人鬼」であることと、かっこいい楽曲であることです。

歌っている遠藤正明は、あんまりにもかっこいい歌い方をしているのでバンドマンか何かと思っちゃう方もいると思いますが、普通に日本の男性歌手です。

ただ、その歌い方と歌声のかっこよさから、様々なアニソンの歌い手として採用されており、「アニソン界の若獅子」などと呼ばれているほどの人気を博しています。

事実、この「Vital」も本当にソウルから叫びあげるような超絶熱い歌声を披露してくれていて、残酷で迫力のある歌詞とあわさって最高にかっこいい楽曲を作り上げてくれています。
それでは遠藤正明で、「Vital」の歌詞の一部をご覧ください。

オープニングテーマ「Vital」



----------------
鍵をかけた 虚構と
捨てられた 未来が
手を伸ばして 触れた『今日』

静脈を冷やした 鼓動を
静寂に 響かせていく
焦燥感を かき消す様に

この手を伝う 一本の孤独は
人の色が 褪せたままで

下らない 言葉と
正体不明の 運命が
冷えたナイフに 理由を付着ていく

真っ白に透けた 羽根を閉じたまま
翳した手から 滲む血が零れる
真っ青に揺れた 瞳に映ったのは
酷く静かな 鼓動

転げ落ちて往く
この意味の 出口まで
≪Vital 歌詞より抜粋≫
----------------

遠藤正明の熱すぎる歌声と「殺人鬼」がテーマの秀逸な歌詞が融合した「Vaital」は強い熱量と聞くものを不思議と虜にする魅力にあふれています。
みなさんもぜひ「Vaital」を一度は自身の耳で聞いてみてください。

EDテーマ レイチェルが歌う 「Pray」

 
画像引用元 (Amazon)

さて、普通アニメといったら、OPテーマのほうが人気がでることが多いと思いますが『殺戮の天使』は違います。

EDテーマは「Pray」でレイチェル役の声優を担当している千管春香が歌っており、まさしくレイチェルの心情をレイチェル自身が歌っているような楽曲になっていることが特徴的です。

その「レイチェル度」はまさしく、聞いた人たちがみな、「もうこれレイチェルじゃん」と「Pray」の楽曲のことを指して言うほどです。

13歳の少女でありながら狂気を持ったレイチェルの人物像は、13歳とは思えないほど深く壮絶なものとなっており、それを音や歌声、編曲などで見事に表し切っているところがこの楽曲のすごいところです。

そんな「Pray」の作詞・作曲をした方がDECO*27であり、知らない人は知らないかもしれませんが、あの柴咲コウ、TeddyLoidとともに新ユニット「galaxias!」を組んだこともあるなどかなりの人気を獲得している方です。

もともと、ニコニコ動画などのネット上で活動をしており、初音ミクなどのボーカロイド楽曲の制作から、徐々に活動の幅を広げていく形で人間のボーカルも採用する楽曲にも手をつけていき、様々な楽曲提供なども行っている大人気の男性ミュージシャンです。

いくつもの名曲を生み出してきた彼だからこそ、「レイチェル自身」と言われるほど巧みな歌詞と曲調を作り出し、OPテーマよりも人気を博して見せたといえるでしょう。では、ここでレイチェル(千管春香)で「Pray」の歌詞の一部をご覧ください。

エンディングテーマ「Pray」



----------------
冷たい記憶と 空っぽの世界
足りないカタチを 縫い合わせたら
間違ってたこと 嫌ってたこと
まだ戦ってるんだよ 終わりはどこだろう

怖いくらい青い月が凛と鳴く頃
嘘吐きは希望と出会う

離さないで 私を奪ってよ
消えない罪に 消えない罰を

約束だから

忘れないでまだ 息をしてるから
ちゃんといつか終わらせてね

約束だから

上に上に堕ちる夢を 祈っていいですか
≪Pray 歌詞より抜粋≫
----------------

残酷ですが、その歌詞の中にレイチェルの人間性と純粋にねじ曲がってしまった願いがこもった「Pray」という楽曲は本当に名曲です。「Pray」を聞いたことがないなんて……あなた人生損してますよ!!

※記事の筆者の偏った意見が、この記事には多分に含まれています。

バーチャルYouTuber、キャシー!?


若干おまけてきな情報となってしまいますが、2018年8月2日にキャシーが宣伝隊長としてバーチャルYouTuber活動を開始しています。

ラジオなんかは結構いろんなアニメでやってたりしますが、ゲームやアニメのキャラクターが動画活動をするなんて本当に珍しくってとてもおもしろい挑戦ですよね。

もちろんキャシーの声を演じているのはテレビアニメ版の声優、伊瀬茉莉也であり、見事にキャシーのイカレ具合もそのまま演じています。

まるで本物のキャシーがバーチャルYouTuberとして活動しているような動画を見れるということであり、『殺戮の天使』ファンおよび、特にその中でもキャシーファンにはたまらない内容となっています。

第17回の最終回をもって動画活動が終了してしまっており、もうぶっとんだキャシーさんが見れないのがちょっと残念ですが、みなさんの応援があればまた復活することもあるかもしれないとのことですので、『殺戮の天使』好きの皆さんは必ず『毎日一キャシー』を心がけて応援していきましょう!!

……もしかしたら、キャシーチャンネルってわけではないので、ザックやレイチェルたちが参加してくれる日もくるかもしれませんよ?

※『毎日一キャシー』とは、毎日一回以上は、『殺戮の天使公式チャンネル』の動画を見ることです。
リンクはこちら

平成アニメおすすめ記事

平成アニメには、大ヒットした名作や隠れた傑作がまだまだたくさん存在します!以下のリンク記事をご覧になることもできますので、ぜひ皆さんもご一読してみてください。

「人間関係」に切り込む!やはり俺の青春ラブコメは間違っているだろうか?

【特集】平成アニメの大傑作!RE:ゼロから始める異世界生活が最高すぎ!

(なんと上記二つのアニメは、それぞれ俺ガイルが三期、RE:ゼロが二期制作決定!平成傑作アニメの続きの物語を、皆さんぜひお見逃しなく!)

TEXT ゆっちん先生

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

中島みゆきの真骨頂。『あばよ』の歌詞に…

SHISHAMO『OH!』を聴いて、自…